Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
お名前
メールアドレス(任意)
題名
メッセージ
URL(任意)
削除キー (英数字で8文字以内)  情報保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[4661] 同じ独立先の異なる未来
「やることが多い」のボヤキが連発しているこの頃です。

≫白ネズミさん
>うたわれるもののソシャゲが26日配信スタート。
>思ったよりも早かったというか急に来たというか・・・。
不意打ちも同然ですね……。
というか、もうサービスが開始できるまで制作済みだったとは。。

>ちなみに原作とアニメそれぞれとコラボするそうな。
>どういうことですかねこれ?
なんか、公式も原作もファン側で盛り上がっている要素を積極的に取り入れにいく
みたいな姿勢を感じさせますね……。
正直、その手の試みは加減を考えてやらないとマズいと思うのですけど。。

>ロックマンX DiVE
>ロックマンで中止というと、DASH3という苦すぎる前例も
しかし、アレは中止になって当然の背景と経緯がありましたからねぇ。今回、万が一
同じケースになった場合は『ロックマンオンライン』が例としては似るかと。

まあ、最近の情報を見る限り、その心配は杞憂になりつつある感じですが。
日本ではロクに報じられてませんけど、ユーザー参加型のパーツデザインコンテストの
開催が決まったり、新たなステージの情報が先週辺りからTwitterで出始めましたので。
もしかしたら、再びベータ版のテスト募集が行われるかもしれません。

>今から何か発表があったとしても25周年とは関係ない形になるでしょうしね。
>コラボとかはいろいろとネタがあるみたいですが。
一応、25周年締めの一発……次の30周年に向けてのシリーズ展開が示唆されればこの上
ないんですけどね。まあ、この数週間の内に何も無しならそこまでですが。。

>一番多いパターンはロックマン、ブルース、フォルテ+αで4体ほど
>っていうやつですけどね。
>なんだかんだで8体とか10体とかキャラ出すのは大変ですから。
まあ、その3人は外せない所がありますからね、7以降においては。
個人的にはたまには知る人ぞ知るキャラクターにスポットライトを当ててくれない
ものかなと思うのですが。ゲームボーイのロックマンキラーの面々とか。
10にゲストの形で登場したことがありますし、パンクに関してはエグゼ絡みでの
知名度もありますから、たまには……と思うのですけどね。

というか、Xシリーズがメガミッションの最新版でアイゾックを再登場させたように、
本家はちょっと勝負に出るところが足りてないように感じます……。

>東映版スパイダーマン
>スパイダーバースには実はコミックボンボン版スパイダーマンも登場してます。
それは初耳です(汗)。
そんな所まで網羅していたとは、さすがに守備範囲広すぎとしか。。。

>ラングリッサーモバイル
>中国版ではロードス島戦記コラボが正式発表。
>日本だと来年8月ごろになりそうです。
>こちらもOVA版の声優をそのまま連れてきてるあたり、気合入ってます。
神谷明さんを起用しているだけでも、本気度合いがよく分かりますね……。
最近だと(シティーハンター以外は)交代されるケースが多いだけに。

>萌酒ボックス
>もう何が擬人化しても驚きはないですな。
>まあ大抵の作品はすぐに消えていくわけですけど。
酒の場合は実際に萌え酒の実例があるだけに、不思議とやること自体に違和感が
無かったですね…。とは言え、そのことが返って平行線の勢いのまま終わる
可能性を生み出しそうで、若干、心配ですね。。。
(それ以上にキモとなるのはゲーム側の出来具合ですけど。)

>Stadia
正直、クラウドゲーミング普及への期待にブレーキをかけるような事態になって
いる感がありますね……。動画でFPSタイトルの遅延度合いを確かめましたが、
ちょっと目を疑ってしまうレベルと言いますか。。。
(※プレイヤーの環境に左右されている線も考えられますけど)
まだ、AAA級タイトルをクラウドにするには時間が必要、ってことですかね。
5Gが本格的に到来したら、話が変わってくるのかもしれませんが……。

≫よしむらさん
>クッパ軍団、及びクッパJrRPGを作り出すあたり実力は確かな会社だったと思います。
>だから余計惜しいんですが…
私もマリオ以外の『コトバトル』と『トマトアドベンチャー』での手腕の高さは存じて
いますので、実力派の会社だったのは間違いないという認識です。
しかしながら、インタビューにおける2Dへのこだわりと、3D制作への意欲の弱さから
フットワークの鈍い会社というイメージも並行してありましたね。
そもそも、4で立体視のドット絵を作った経緯からして、2Dへのこだわりと同時に3D
への嫌悪を感じさせるようなものがにじみ出ていましたし。
プログラムスタッフは3D技術の導入など、積極的だったようですけどね……。

同じ元スクウェア組で、同様に2Dへのこだわりから設立したブラウニーブラウン
(現:1UPスタジオ、ブラウニーズ)の動向を見ると、あまりに対照的な結果に
なったなと思います。モノリスソフトも。ブラウニーズ以外、任天堂の子会社
だから(モノリスは後からそうなった)というのもありますけど。

>ペーパーマリオはまだ健在なんだし、さすがに続けるでしょう。
健在と言える状況でしょうか……。
直近の新作が大ゴケし、発売前に国内のみならず、海外からブーイングの嵐を
喰らった状況を踏まえると、ほぼ壊滅状態な気がしますよ。
挙句、海外のインディー界隈ではペーパーマリオの精神を受け継ぐ作品が続々と
発表され(先日の『Bug Fables』など)、明らかに今後の展開に期待していない、
あのシリーズは終わったものと見なされている空気が漂ってきていますし。

仮に続けたとしても、下手すればシリーズに致命傷を与える結果になるかと……。
おまけにマリオ&ルイージRPGがこうして事実上の凍結状態になってしまった以上、
RPG以外の作品が来たりでもすれば、大規模な炎上沙汰になりますよ、多分。
正直、続ける前に見直すのが先だと思いますね……。
(というか、スーパーシールでの方針転換が拙すぎたんですよね……。)
シェループ@管理人 2019/12/01(Sun) 23:37 | 返信 | 削除 |
[4660] 今度は上手くいきました。
エヴァーオアシス再プレイ中。
今度はワクト大峡谷、無事に登録されました。
真実の剣作るために初めて現地入りし途中で撤退した時にはもう登録されてましたね。
バグ発生の条件はなんだったのか…あの時はデータ収集のためダンジョンクリアする前に
集められるナカマはみんな集めてたからでしょうか?
これからプレイされる方はあんまりナカマ集めに集中しすぎない方がいいかも?


>色々立て込んでいたのは確実でしょうね。
それでもクッパ軍団、及びクッパJrRPGを作り出すあたり実力は確かな会社だったと思います。
だから余計惜しいんですが…

>事実上どころか本当に終了の線もあるかもしれません。
まぁ正直マリルイシリーズはシステム的にこれ以上進化させるのは難しいだろうなとも…

>今後も二つ続けるのか、或いは……
ペーパーマリオはまだ健在なんだし、さすがに続けるでしょう。
あとペーパーマリオはゲームによってシステムがらっと変えたりもしてるんで
そういう意味でのマンネリはないだろうなと。

>公式サイトにも実績としてデカデカと出てたりします。。
任天堂のHPは時々チェックしてるんですが、グレッゾのHPまではノーチェックでした。
よしむら 2019/11/29(Fri) 20:55 | 返信 | 削除 |
[4659] ずいぶんと急な
うたわれるもののソシャゲが26日配信スタート。
思ったよりも早かったというか急に来たというか・・・。

≫シェループさん
>ニコニコ動画にそのPVが投稿されたら、「公式が病気」のタグを付けられるのは間違いなさそうですね……(汗)。
ちなみに原作とアニメそれぞれとコラボするそうな。
どういうことですかねこれ?

>ロックマンX DiVE
ロックマンで中止というと、DASH3という苦すぎる前例もありますしな・・・。
正直なところ、油断はできませんね。

>まあ、25周年はまだ1ヶ月ほど残っていますからね…。
まあ今から何か発表があったとしても25周年とは関係ない形になるでしょうしね。
コラボとかはいろいろとネタがあるみたいですが。

>知名度を考えれば、そうなるのも分かりますけどね……。
まあ一番多いパターンはロックマン、ブルース、フォルテ+αで4体ほどっていうやつですけどね。
なんだかんだで8体とか10体とかキャラ出すのは大変ですから。

>東映版スパイダーマン
>とは言え、映画でも普通に登場するのはちょっと驚きというか……。
そもそもアメコミのスパイダーバース(映画とは別もの)では破格の扱いで登場しておりますからな(数あるスパイダーマンの中で、ラスボスから最も警戒されている。ラスボスと真っ向勝負して生還。レオパルドンのソードビッカーを封じるためにラスボスは全力を使い果たす。etc)。
あの扱いを見ると、映画とかで大々的に出てきてもおかしくないと思えますわ。

ちなみにスパイダーバースには実はコミックボンボン版スパイダーマンも登場してます。

>ラングリッサーモバイル
12/3よりサクラ大戦コラボ開始。
わざわざ特設サイトまで作ってるあたり、気合入ってます。
まあ前回も書きましたが、自分はガチャは回さない予定ですがね。

そして中国版ではロードス島戦記コラボが正式発表。
日本だと来年8月ごろになりそうです。
こちらもOVA版の声優をそのまま連れてきてるあたり、気合入ってます。
パーン:草尾毅、ディードリット:冬馬由美、アシュラム:神谷明、ピロテース:玉川砂記子
錚々たる面子ですな。

>「萌酒ボックス」が本日リリース。さまざまな日本酒の銘柄が擬人化キャラクターとなって登場するタワーディフェンス&酒造りSLG
もう何が擬人化しても驚きはないですな。
まあ大抵の作品はすぐに消えていくわけですけど。


とうとうスタートしたStadiaですが、やはりというかいろいろと厳しいようで。
ものになるにはまだまだ時間がかかりそうで。
なお、某所での意見で自分が思わず納得したものを二つ。
「急にサービス終了しそうで怖い」
「Stadiaをプレイできる環境がある人は、Setamも使えるんだよ」
せやな。
白ネズミ 2019/11/25(Mon) 22:34 | 返信 | 削除 |
[4658] チャージ≠アトミック
外食でカレーを食べたのは大分久々だった気がした今日この頃です。

≫白ネズミさん
>三国志14が銀河英雄伝説とコラボするそうな。
>ニコニコ動画の歴史戦略ゲー架空戦記動画見たいなのを公式でやる気ですかね。
ニコニコ動画にそのPVが投稿されたら、「公式が病気」のタグを付けられるのは
間違いなさそうですね……(汗)。

>ついつい昔を懐かしんでしまいますからな。
それだけ歳を取ったという証左なのかもしれませんけどね……(汗)。
直撃世代からすれば新作が作られるのは嬉しいことですけど、今の作品たちを
ちゃんと追っていくことはゲームに限らず、心がけたいところですね。
嫌いな感情の方が勝ってしまったものとかは止む無しとして……。

>ロックマンX DiVE
>この業界、突然開発中止なんて珍しくないですしね。
>『Dies irae PANTHEON』みたいな例もありますし。
というか、ロックマンの場合はゲームシステムからムービーに至るまでほぼ完成に近い
状態でありながら中止になった『ロックマンオンライン』の例がありますからね…。
今回もゲームの骨組みがほぼ出来上がっている感じなので、またそんな状態かからの
白紙とかになったりすれば、物議を醸すどころじゃ済まない気が……。
なんとか、年内に続報があればと思いますけどね…。一応、今回のは海外とは言え
カプコンが作っているという点で違うだろう、と思いたいですが。

>シリーズ再始動だけでも大事件だといわれてしまえばそれまでですが。
>欲を言えば、コンシューマーでの新作発表もほしかったところでありますが。
まあ、25周年はまだ1ヶ月ほど残っていますからね…。
ロックマン11が発表されたのも、30周年を迎える前の12月頭のことでしたから、
何かしらあることを期待したいです。
まあ、ロクゼロ&ゼクスのコレクションが決まっている現状では、それほど大きな
展開はないのでは、と見てしまうものもありますが。。

>だがメインはロックマン2の面子である。
>やはりこういうコラボイベントだと知名度的にも2の起用が多くなりますな。
知名度を考えれば、そうなるのも分かりますけどね……。

ただ、先日の『ドラガリアロスト』のコラボはシステム周りとの統一性を図れよ
と強烈に物申したくなります。
チャージショットとラッシュがある時点で2無関係も甚だしいですし。
(前者に関しては、厳密に言えば存在するアクションですけど……)
それで原作再現にこだわっているとか強調されても、寝言は寝て言えとしか。

>あいつ普通にアメコミに逆輸入されてますから。
>というかレオパルドンアメリカで大人気ですから。
それ、リンク先の記事で普通に言及されています。。。
とは言え、映画でも普通に登場するのはちょっと驚きというか……。
まあ、昨年発売のPS4のスパイダーマンで、声優さんのアドリブで名乗り口上ネタが
採用された件を考えれば、不思議に思うようなことじゃないのでしょうけど。。

>破滅ルート
>知らない人はいったいどんな反応するのでしょうかね?
シンプルに「アビキョウカンノジゴクエズ」となるのでは。。。
その種の演出や展開に耐性がないとなればもう……。

≫よしむらさん
>アルファドリーム
>思い返せばマリルイ3DXはちょっと急いで出した感ありましたからね。
>もうあの時点でギリギリだったのかも。
色々立て込んでいたのは確実でしょうね。ただ、今年頭に『けだまのゴンジロー』の
スマホアプリを出たり、先日明らかになった情報ですが、今月頭に発売された
『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』で部分的ながらHD機での開発経験に
挑むなど、活動範囲を広げている最中だったのも影響したのかな、と思いますが。

そこにあのセールス不調が重なったのを思うと、維持困難な事態に及んでしまうのも
分からなくはないかなと思います。つくづく、HD機での経験のみならず、3D作品への
挑戦に早く乗り出して欲しかったと思うばかりですね。なんかインタビューを読み返す度、
2Dへの依存が強すぎたのかと思ってしまいます。(そもそも、スマホ、HD機への進出
も他の中小系の会社のケースを踏まえると、明らかに遅すぎましたし……。)

>マリルイシリーズは事実上終了
少し前の記事を思うと、事実上どころか本当に終了の線もあるかもしれません。
昨今のセールス不調は、冗談抜きに継続不適格の判断材料にこの上なかったですし。

まあ、ペーパーマリオも含め、RPGのマリオシリーズは3DSで合流して以降、方向性が
乱れていたところがありましたから、(少々語弊のある言い方ですけど)今回の件は
そこを見直すいい機会なのかもしれません。
今後も二つ続けるのか、或いは一旦リセットして新たなシリーズを立てるのか、
もしくは完全に終了させてしまうのか……。
慎重に考えてくれれば、と思うばかりですね。

>まさか今頃になってこんなバグに出くわすとは…
開発側も把握していない類のものなら、報告を任天堂公式サイトのお問合せ経由で
送ってみると何かしら反応があったりする……かもしれません。
現在の3DS全体の動向を踏まえると、やってくれるかは結構怪しいですが。。

>スイッチの夢島、グレッゾ開発だったとは
公式サイトにも実績としてデカデカと出てたりします。。
http://www.grezzo.co.jp/jp/
シェループ@管理人 2019/11/18(Mon) 00:21 | 返信 | 削除 |
[4657] マリルイ5で隊長4人衆が中ボスで出てくれると期待していたのに
遅い話題ですが、アルファドリームは残念な事に…
でも思い返せばマリルイ3DXはちょっと急いで出した感ありましたからね。
もうあの時点でギリギリだったのかも。

これでマリルイシリーズは事実上終了でしょうね。
いつか復活するにしても当面先の話になるでしょうし、その時には世界観も変わってるでしょう。

今はただマリオのRPGに兄弟アクションという新しい路線を生み出し、
ルイージの活躍の場を増やしてくれたスタッフにお疲れ様、と。

>風邪も流行り始める頃合いですので、体調管理にお気を付けください。
さすがに朝の冷えが割と洒落にならなくなってきたんで暖房を起動しました。

>公式調べたら何一つ配信されてないんですね(汗)。
残念ながら修正パッチ等は出てないんですよね。発売から時間も経ちすぎてますし…
このゲームは過去に2周してるんですが、まさか今頃になってこんなバグに出くわすとは…

>開発元も先日のリメイク版『夢をみる島』にかかりっきり
スイッチの夢島、グレッゾ開発だったとは知りませんでした。
よしむら 2019/11/14(Thu) 22:42 | 返信 | 削除 |

- ASKA BBS -