Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
お名前
メールアドレス(任意)
題名
メッセージ
URL(任意)
削除キー (英数字で8文字以内)  情報保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[4681] ♪「昨日のご飯は固かった」
トラヴィスの四畳半のアレが耳にこびりついてしまったこの頃です。

≫白ネズミさん
>ただでさえ忙しい3月がより一層ひどくなる未来が見えているわけですが。
色々とお察しいたします。。。
かくいう自分も爆発しそうな機運が高まってきているんですけど。。。
(確定申告が重なってくるのも重い……)

>流星シリーズ
>2や3はそれほど批判もないんですが、1の時点でのやらかしが最後まで足を
>引っ張った形になりましたな。
あれで「値崩れ」、「ワゴン」の強固なイメージが付きましたからね。
本編をプレイしても、3つのバージョンに分ける必然性をあまり感じない作り
でしたし、何を血迷ったのかと思うばかりです。エグゼの時も3以降から
バージョン分けをし始めましたけど、いずれも必然性がありましたし。

当時、ニュースサイトに掲載されたバージョン訳に関するプロデューサーの腑に
落ちないコメントから察するに、制作当初、1バージョンだったものを当人、
或いは営業の判断で分けることになり、ああなっちゃったんですかね……。
(仮にそうだとしたら、あまりにも愚かな判断だったとしか。)

>本家やXシリーズのファンの中には反発してた人も一定数いそうです。
>そういう意味で、エグゼの時点で流星のやらかしの萌芽はあったのかも
確かに隅に追いやられていたほか、『ロックマンゼロ』に至っては無理矢理な
コラボ要素も入れるほどでしたから、いい印象は持たれてなかったでしょうね。
(正直、自分もあまり好ましい印象がなかったです。。。)

とは言え、一時代を築き上げた功績は本物だけに、今の状況を見るともう少し、
上手くコントロールできなかったのかなと思います。
そう言う意味では、今のシリーズは上手くやっているのかもしれませんが。
一時期のように乱発するようなことがなくなりましたし。

>ACTのほうがエグゼ形式よりも受けそうですしね。
とは言え、『One Step From Eden』のように、海外でもそれなりに人気があることを
うかがわせる例も少なからずありますけどね。

システム自体は本当、色褪せない魅力を持っていると思うだけに、何らかの形で進化系を
示してくれればと思います……。

>ダイの大冒険
>続きをやるための地ならしと見えないこともないような・・・。
言われてみれば……。
とは言え、これをわざわざ見に行く現在の若い層は果たしているのだろうか、という疑問も
浮かぶ訳ですが(汗)。やはり、続きはリスキーすぎるような気がしてなりません。。

>本人は「艦これってなに?」とのたまってる模様。
>いやさすがに無理があるから。
けど、こういう姿勢なら今後、言及せずにネタを出し続けるのは確実でしょう(笑)。

というか、上の方がTwitterでモロに艦これと言っちゃいましたね。。。

>アークナイツ
>実は地域限定キャラも結構います。
>中国版限定キャラとか台湾版限定キャラとか。
>おそらく日本版限定キャラもそのうち実装されるんじゃないですかね。
そのうち……となるんでしょうかね。
今、中国は新型肺炎の影響がゲーム関連にも及び始めていますし。
正直、いずれアップデート周りが鈍くなり始めるのでは、と見ています。
現時点でそのような兆候は見られませんが……。

しかし、現状からこのゲームのストーリーと世界観を見てみると、なんか色々勘ぐって
しまうものがあると言いますか(汗)。なんだかWiiU版の『ドンキーコング トロピカル
フリーズ』が出た時の事が脳裏を過ぎってしまいます。。。

>シルバーアッシュとエイヤフィヤトラがいるなら大抵のところは力押しで
>いけてしまうんですよね。
私もシルバーアッシュは引き当てて使ってますけど(エイヤフィヤトラはまだです)、
割と万能気味ですよね(笑)。まあ、単騎無双できるほど壊れている訳ではない
ですが、他と組み合わせた際の存在感が段違いな気がしてなりません。。。

>ランモバ
>この後日本のPVPでもこのキャラよく見るようになったんですが・・・。
>条件を整えるには専用装備が必須で、それは日本版ではまだ未実装なので・・・。
なんというか、最強を求めたくなる心理が色濃く現れている現象というか(汗)。

>リインカーネーション勢もとうとう参戦。
>キャラはいい感じにリデザされている模様。
ちゃんとシリーズの1作として扱っているだけでも相当な意気込みを感じます……。
シェループ@管理人 2020/02/09(Sun) 23:38 | 返信 | 削除 |
[4680] 売り切れ
ニンドリの3月号が予約段階からどこもかしこも売り切れだそうな。
原因はどうぶつの森か、それとも付録か・・・。

≫シェループさん
>こちらも1月は(やや意図的に)落としている分、来月以降が爆発しそうです。。
こちらは当初想定していたよりは幾分ましな状況になってます。
その分、ただでさえ忙しい3月がより一層ひどくなる未来が見えているわけですが。

>流星はプロデュース面でのしくじりが酷かった印象が否めませんね。
ですな。
せっかくエグゼで新規開拓に成功して、新たなロックマンシリーズとして広く認知されたのが、全部台無しにしてしまいましたからね。
流星も2や3はそれほど批判もないんですが、1の時点でのやらかしが最後まで足を引っ張った形になりましたな。

あとまあ、当時あまりにエグゼ押しが過ぎて、本家やXシリーズのファンの中には反発してた人も一定数いそうです。
そういう意味で、エグゼの時点で流星のやらかしの萌芽はあったのかもしれません。

>エグゼ、流星に関しては海外だと人気が他よりやや下がるらしいですし……。
海外だとやはり本家やXシリーズのようなACTのほうがエグゼ形式よりも受けそうですしね。

>ダイの大冒険
>数十年前のアニメ続きだと作品のハードルが爆上げしますよ。。。
新作アニメの発表と同時に、Youtubeで旧アニメ全話無料配信が始まってるんですよね。
続きをやるための地ならしと見えないこともないような・・・。

>あれ、撮影場所的に上から物申されたりしないんですかね……って
自衛隊はこれまでにもいろいろとつながりがありますからな。
護衛艦の一般公開の時、艦これの同名艦娘の等身大パネルがお出迎えするくらいいつものことです。
瑞雲祭りの時には護衛艦ひゅうがの艦長から祝辞が届いたし、宮城地方協力本部の公式twitterははっちゃけてるし。
まあいまさらですよね。
それでも現職の防衛副大臣が堂々とやらかしたのはさすがに話題になりましたが。

なお、本人は「艦これってなに?」とのたまってる模様。
いやさすがに無理があるから。

>アークナイツ
>利益的な背景か何かがあるんですかね。
アズールレーンと同じようにスキンで稼ぎに来るかと思ったら限定キャラが来たので、いろいろと意表をつかれた思いです。
今後も限定キャラを連発するようなら、人が離れていくかもしれません。

ちなみに実は地域限定キャラも結構います。
中国版限定キャラとか台湾版限定キャラとか。
おそらく日本版限定キャラもそのうち実装されるんじゃないですかね。

>レベルを上げてのゴリ押しで通っちゃうことが多々ありますから
ねぇ。
正直なところ、シルバーアッシュとエイヤフィヤトラがいるなら大抵のところは力押しでいけてしまうんですよね。
エクシアやホシグマなんかも強いですが、シルバーアッシュとエイヤフィヤトラは他よりも頭一つ分抜けてます。
殲滅力パねえです。
雑魚はまとめて消え去りボスでさえ蒸発します。

>ランモバ
>一体、どんな秘策を用いたんだ……。
もともとそのキャラは条件さえ整えれば強いとは言われてたんです。
ただ、その条件を実戦で狙ってそろえるのは現実的ではないということで、それなしでの性能となるとまあ弱いと。
今回の対戦では、その条件をうまく整えたプレイヤーがうまかったということですな。

なお、この後日本のPVPでもこのキャラよく見るようになったんですが・・・。
条件を整えるには専用装備が必須で、それは日本版ではまだ未実装なので・・・。

中国版ではリインカーネーション勢もとうとう参戦。
キャラはいい感じにリデザされている模様。
ところでシリーズの時系列的にはまだ不明なんですが、ランモバ中でそこらへんも設定されるんですかね。
一説にはパラレルワールド(2の闇ルートの未来?)ではないかという説もありますが。
白ネズミ 2020/02/04(Tue) 15:03 | 返信 | 削除 |
[4679] 因果のリブート
今になって冬本番というのも……と、天気予報を見て思うこの頃です。

≫白ネズミさん
>冒頭でも書きましたが、2月はおそらくやばいことになりそうです。
こちらも1月は(やや意図的に)落としている分、来月以降が爆発しそうです。。
ましてや、恐怖の確定申告も挟まってきますし……。
上手く並行して進めていけるのかどうか。。

>流星はエグゼと比べて何か地味な印象ありますよね。
>というか、エグゼの知名度が飛びぬけているというか。
まあ、エグゼはアニメに漫画、さらには全国規模の大会イベントなど、メディア
ミックス展開が派手でしたからね。アニメに至っては映画化もされましたし。
流星もその流れを引き継ぎはしましたけど、アニメは短編になるなど、仰る通りに
地味な展開になりましたし、何よりも路線変更と第一作でやらかしたバージョン
商法で悪いイメージが付いてしまったのが……。

今でも思いますけど、流星はプロデュース面でのしくじりが酷かった印象が否め
ませんね。当時、同じく新シリーズとして立ち上がったゼクスも。
あの頃抱いてた率直な思いを吐露するなら、”せこい”の極みだったと言いますか。
(ゼクスはどちらかというと、ゲーム側で問題が多かった感じですけど)

>今はもう完全に止まってしまっていますから、今後の展開は難しいでしょうね。
>まあ本家やXが復活したわけですからこっちも可能性がないわけではないんですが。
でも双方、ストーリー的に締め括られちゃってるんですよね。特にエグゼは続きは
絶対にないと断言するエンディングを6でやっちゃいましたし。
(流星はソロ&ブライ絡みで、まだ続きが作れそうな余地がありますが)
とは言え、流星との間に空白の時代が存在していますので、そこに焦点を当てた
新シリーズを立ち上げるのが唯一の可能性と言ったところでしょうか。

問題は、今のロックマンが全体的に海外側の意向に沿っていることですが。
エグゼ、流星に関しては海外だと人気が他よりやや下がるらしいですし……。

>4Gamerで新運営元のシドニアへのインタビュー(メインはアッシュアームズだが)で
>今回の件にも触れられてますが、開発元の上海幻天から直接委託されてるようです。
>よって、権利関係もおそらく大丈夫かと。
探しましたけど、これですか。(↓)
https://www.4gamer.net/games/450/G045094/20191224038/
色々苦心されたようですが、良好な関係を築けてそうですね。
確かにこれなら心配する必要なしか……?

>ダイの大冒険
>あるいは旧作から直接続きにするか。
>それでも1クールでは絶対足りませんが。
それは幾ら何でも禁じ手としか……。
数十年前のアニメ続きだと作品のハードルが爆上げしますよ。。。
新たな世代が見るのも踏まえて、一からのがベストでしょう。。

まあ、『D.Gray-man HALLOW』、つい最近だと『真・中華一番!』みたいに事情構わず
続きで敢行したイレギュラーすぎるケースもありましたけど。
(どちらもなぜ、あそこまでしながらリブートとしなかったのか……)

>あとまあ声優問題が・・・。
こればかりは良い人が選ばれるのを願うしかありませんね。
旧作に倣って女性の方が選ばれればこの上ないですが。

というか、同じ声優さん主演のデジモンも再アニメ化されるのは何の因果か……。
(しかも、制作背景に突っ込み所が多すぎる……)

>今や艦これのリアルイベントは大企業はおろか市が直接バックアップするレベルですから
>(佐世保市、呉市)。縁もゆかりもあるとはいえ、ここまでの事態になったゲームが過去
>どれだけあったことか・・・。
珍しいケースであるのは間違いないですね。
アニメであれば、うちの埼玉県なんて最たる例で(笑)それなりにありますが、ゲームだと
まだほんの僅かしかありませんからね。
ぜひ、このまま発展させて歴史に名を刻んで欲しいと思いますね。
既に刻んでいるに等しいですけど。。。

>防衛副大臣なにやってんだあんた。
あれ、撮影場所的に上から物申されたりしないんですかね……って、上もあのような感じと
思うと、ほぼ許されているんですかね。。。(遠い目)

>アークナイツ
>「期間限定ユニットは実装しません」とこれまで宣言してたにもかかわらず、つい最近
>実装したんですよ。
>しかも、ガチャは2体ピックアップの確率7割(普段は1体ピックアップで5割)。
ええぇ……どういう風の吹き回しですか。。しかも、35%って。
最初に実装しませんと宣言したのなら、それを貫いて欲しいところですが、利益的な
背景か何かがあるんですかね。

>インフレの兆候も見えてますがどうなることやら。
確かにユニット間の相性を踏まえた配置、スキル発動で乗り越える場面(集団に対して
術士など)はあれど、レベルを上げてのゴリ押しで通っちゃうことが多々ありますから
ねぇ。とは言え、敵の種類が増えてきた辺りから段々と効かなくなってきてますが。

というか、基地運営のシステムを見て、いっそのことX-COMのようなロスト制をぶち込む
のも一興なのではと思いましたけど、さすがにそれは悪手過ぎますかね(汗)。
(有効策はレベルキャップの設定……とは言え、今やるとナーフ行為になるのが。)

>ランモバ
>これまでさんざん「弱い」「ガチャの外れ枠」などと酷評されてたキャラでして・・・。
>もうお祭り騒ぎですわ。
下剋上にも程がある(笑)。
一体、どんな秘策を用いたんだ……。
シェループ@管理人 2020/01/26(Sun) 22:57 | 返信 | 削除 |
[4678] きつそう
2月は地獄かもしれない・・・。

≫シェループさん
>こんな新年の始まりで大丈夫なのだろうか……。
3日も4日も5日も6日も7日も仕事で8日が今年初休みでした。
まあその後は落ち着いてるんですがね。

ただ、冒頭でも書きましたが、2月はおそらくやばいことになりそうです。

>今の若い世代にとってのロックマンと言えばエグゼと流星なの
ですし。
ただまあ流星はエグゼと比べて何か地味な印象ありますよね。
というか、エグゼの知名度が飛びぬけているというか。

このシリーズ、今はもう完全に止まってしまっていますから、今後の展開は難しいでしょうね。
まあ本家やXが復活したわけですからこっちも可能性がないわけではないんですが。

>そもそも、2を名乗る作品で直接の続編とかじゃないとかだったら荒れるのでは。。。
一番ありそうなのは、セカンドで歴史改変やった結果の1の未来とかですかねえ。

>エースヴァージン:再出撃
動きがありました。
旧公式サイトおよび旧公式twitterにて正式に終了及び運営元変更での再配信が告知されました。
新公式twitterも旧公式twitterをフォローしてるので、全く連携がないというわけではなくなりました。
また、4Gamerで新運営元のシドニアへのインタビュー(メインはアッシュアームズだが)で今回の件にも触れられてますが、開発元の上海幻天から直接委託されてるようです。
よって、権利関係もおそらく大丈夫かと。

なお、完全な新規配信という形で旧作からの引き継ぎはなし、内容は当初は旧作そのままでリリースし、その後新要素を追加していく形になるようです。

まあとりあえず大きな不安要素は消えたといえますかね。
ゲーム自体は典型的な艦これクローンなんで、早々変なことにはならないでしょうし。
なお、1月中にはリリースされる模様です。

>ダイの大冒険
最低4クール、でしょうな。
それでもおそらく足りないでしょうけど。
あるいは旧作から直接続きにするか。
それでも1クールでは絶対足りませんが。

あとまあ声優問題が・・・。

>艦これ
>プロデューサーなのか、営業のお偉いさんなのか……。
これまでのリアルイベでいろいろとつながりもできたでしょうしな。
どんどん人脈が広がっていっても不思議はありません。

なにせ今や艦これのリアルイベントは大企業はおろか市が直接バックアップするレベルですから(佐世保市、呉市)。
縁もゆかりもあるとはいえ、ここまでの事態になったゲームが過去どれだけあったことか・・・。

あと防衛副大臣なにやってんだあんた。

>アークナイツ
ちょっと中国で不穏なことになってるんですよねこれ。
「期間限定ユニットは実装しません」とこれまで宣言してたにもかかわらず、つい最近実装したんですよ。
しかも、ガチャは2体ピックアップの確率7割(普段は1体ピックアップで5割)。
つまり1体当たり35%で、むしろ確立下がってる(ちなみに新規2体のうち1体は期間終了後恒常に追加、もう1体は期間限定)。
しかも天井は恒常と期間限定ガチャで別カウント。
荒れないわけないですねこれ。

ゲーム自体の評価は高いんですけどねえ。
インフレの兆候も見えてますがどうなることやら。


ランモバ、中国版で大波乱が起きました。
頂上アリーナというPVPの最強決定戦があります。
中国版では今第3回の決勝トーナメントをやってます(ちなみに日本版は昨日第1回大会が終了しました)。
これ、対戦を生で観戦できたり、どっちが勝つか賭けれたりと見てるだけでもなかなか楽しいためかなり盛り上がってます。
で、中国版の頂上アリーナの第1回・第2回を連覇し、第3回でも優勝候補の大本命だったプレイヤーがベスト16敗退という大波乱が起きました。
しかもその決め手になったのが、これまでさんざん「弱い」「ガチャの外れ枠」などと酷評されてたキャラでして・・・。
もうお祭り騒ぎですわ。
白ネズミ 2020/01/20(Mon) 15:36 | 返信 | 削除 |
[4677] こじれた”なにか”
もしかしたら、過去最もハマっているソシャゲかもしれないと『アークナイツ』をプレイしながら
思うこの頃です。(アサクリも楽しい……)

≫よしむらさん
>似たようなのをいくつか見た事あると書きましたが
>多分その中でもかなり早い方ですよね。時代の先取りぃ!
ただ、ネタそのものは先取りとは言い難いかもしれません。
作品名を出すだけでネタバレになっちゃうのでボカしながらとなりますが、1996年に発売され、
後々に”最近のハード”へと移植されたゲームも題材は一緒でしたから。
とは言え、あの演出と仕掛け周りはほぼ確実に本作が先行したケースと言えるでしょうね。

>人気の根強い作品みたいですし、また別ハードに移植されませんかね。
>いや、今の時代だったら配信になるかな?
正直、パッケージでもダウンロードでも難しいかもしれません。というのも、本作も含めた
infinityシリーズ全般の版権周りが相当ややこしい状況になっているようで……。
PSP版の販売を務めたサイバーフロントが解散してから、何かこじれたらしいです。

一応、PCダウンロード版はまだ販売中だったりするんですけどね。
ただ、販売しているサイトの更新が2年前から止まっている(さらにSSL化が実施されていない)
関係で、セキュリティ的な面を踏まえると購入はお薦めできないです。

せめてもの救いは、かつての制作陣は今なお現役であられることですが。特に楽曲を担当された
志倉さんが社長を務めているMAGESが何かアクションを起こしてくれればと思いますね……。
(とは言え、容易ならざるを得ない事情が裏にありそうですが)

>何故延期してでも練りこまなかった……
あの当時を思うと、3DSのラインナップを充実させるためにも延期は許されなかったのかもしれ
ません。製品版でのカットと言い、明らかに何か事情があったのを匂わせてますし。
ただ、クリアした今、件の「社長が訊く」を読み直すと制作側の士気も何か起因したのでは、
と思いますね…。上からの指示を恐れながら作ってた空気を感じると言いますか。
シェループ@管理人 2020/01/19(Sun) 23:45 | 返信 | 削除 |

- ASKA BBS -