Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
お名前
メールアドレス(任意)
題名
メッセージ
URL(任意)
削除キー (英数字で8文字以内)  情報保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[4646] コウジチュー
Switchで手ごろなDLゲームをいくつか漁っていたところ、『サバクのネズミ団!改』というソフトを発見してなんとなく購入。
そうしたら、これがとんだ時間泥棒ゲーでした。
何故ネズミ達の動きを見ながら指示を飛ばすだけで湯水のごとく時間が消えていくのやら。

>(反面、探索は少し癖のある構成と聞いていますけど。。)
癖があるというか、ちょっと長いというかミニゲームが結構多いと言いますか……。
私は熱中してしたのであんまり気にならなかったのですが、再プレイするときは若干かったるいんですよね。
今までのプラチナ作品でやっていないことに挑戦したせいか、アクション面の出来と探索パートの出来が
ずれていて違和感がどうしても大きくなるといった感じです。
あと、粗が目立つ部分も多々あるんですよ。
個人的には挑戦したことを評価したいですけどね。もし次回作があるなら改善してほしいですが。

>もう、万人に楽しんでもらうこと第一なら、それに振り切るべきかと。
廃止したらしたで高難度ステージが増えそうだな、と思いましたね。
マリオデの隠し裏ステージをプレイしていると、残機制を撤廃したからこそ容赦なく鬼のような難しさを
放り込まれても気にならなくなりますから。

>ただ、このシステム自体、何らかの布石……になるかもしれませんね。
ちょこっとパネルダンジョンを触った手ごたえとしては、シナリオが後半になるほど
作れるダンジョンの幅が増えるので、案外ダンジョンメーカーとして長く遊べるかもしれないといったところです。
いずれは地上もダンジョンもデザインできる作品が出ると嬉しいですね。

>ちなみにその後、六体目のガーディアンにも無事カチコミできました。。。
>(なんだこの時間差は……)
無事前進できたようでよかったです。
何かひとつ解けるとびっくりするくらい進めるのがこの作品ですね。
そこまで進めていると他のガーディアンの出現方法・場所はなんとなく見当がついていると思います。
それでも残りはアンク出すまでが大変なんですけどね。特に地獄行脚は骨が折れます。

>いや……その直後、左右端に現れる瞬間を狙ってジャンプし、すぐ振り向いて頭に鞭を
>当てるという方法でやりました。。意外にこれでパターン化できましたね……。
あのタイミングで鞭が当てられたんですね…接近戦も挑めるようになっていたとは思いもよりませんでした。

先日「がんばれゴエモン さうんど玉手箱」の在庫を見つけたんですが、買うかどうか迷っています。
あの収録量ならば当然なんですけれども、やはり価格と置き場所で二の足を踏んでしまいますね。
アーケード含む初期作品群の曲なんて今後二度とCD化されないでしょうし、思い切って清水の舞台から飛び降りるべきか。
Amica 2019/09/28(Sat) 23:10 | 返信 | 削除 |
[4645] もしかして:少数派?
メガドラミニのメガワールド、処理落ちは完全に消滅した訳でもないんですね…。
(※イエローデビル戦でサンダービームを撃った時を見て。)

≫白ネズミさん
>今月はまだいいですが、来月からちょっと不安です。
季節の変わり目ですので、体調には十分ご注意を……。
かくいうこちらも、今月並にバタつきそうな情勢だったりするのですが。。

>ロックマンX DiVE
>根本的な疑問なんですが、そもそもこれ、本当にアクションゲームなんですかね?
>なんか斜め上なことをしてきそうな気がしないでもないんですが。
限定的に実施されたクローズドβテストに参加されたプレイヤーの声を聞く限りは、
アクションゲームになってたらしいですけどね。ただ、ハードを考慮してなのか、
『ロックマンX7』のロックオンが復活しているらしいですが。
あと、ストーリーのテキスト周りに関してかなりいい評価が出てますね。

というか、個人的に一番疑問に感じるのは何故に国内のカプコンはこれを宣伝しない
のか、ということですけど。先日のTGSでもロクゼロ&ゼクス、そしてShachiとの
コラボの話題はあっても、これはサッパリでしたし。
日本語にもバッチリ対応している(さらにクローズドβテストも日本語版があって
国内プレイヤーが参加できた)というのに、それが気になって仕方ありません。。

>ゼルダ
>パラレルワールド前提の世界観なんで、いざとなればどうとでもできる
この辺り、他の入念な年表を作っていたり、繋がりを明確にしている作品にはない
強みだと思いますけどね。。おかげで、途中に分岐が発生しかねない展開を描いて
しまったとしても軌道修正が効きますし。。
ちゃんと繋がりを明確にしていながら、そこに変な新設定やら分岐を入れられて
安易に崩された時の落胆たるや…。(※作品名は出さないでおきます。。)

>コードヴェイン
>発売に合わせて一気に出してくるならまだいいんですが。
まあ、もう今となっては発売直前ですから、宣伝どうこう以上に中身に話題が移る
頃合いでしょう…。とりあえず、本来なら昨年の今に出ていたはずのものを1年も
延ばした意義を感じられる出来になっているのを願うまでですね…。
一応、予定通り購入する方向ではあるので。(すぐには始められなさそうですが…)

>艦これ
>衝撃だったのがゲストでして、佐世保市長はまあいいとして(よくねえ)、なぜ
>北村地方創生担当大臣が来られているのでしょうか?
>しかも艦娘がプリントされたTシャツ着て法被はおってノリノリなのでしょうか?
え、ええぇ……(困惑)
なんかもう、コンテンツ的に遠い所へ行ってしまった感が。。。

>装甲娘
>ゲームのほうが配信延期で、いきなりはしごを外された形になっております。
オオウ……。
なんか、早くもリニューアルが上手くいくのか不安になってきますね…。
(ある意味、いつものことと見て取れなくもないですけど。。)

>桃鉄新作
>キャラデザインの変更は物議をかもしてますな。まあ変更についてはわからないでも
>ないですけど、やはりシリーズとしてはあの絵を踏襲してほしかったと思います。
もの凄くいいじゃん、ナイスなデザイナーの人を見つけてきましたね……と思う私は
少数派なんでしょうか……(大汗)。
確かに前作(3DS)までいつも通りだった故、物議を醸すのも分からなくないですが。。
シェループ@管理人 2019/09/22(Sun) 22:50 | 返信 | 削除 |
[4644] 修羅場接近中
またぞろ仕事が忙しくなってきました。
今月はまだいいですが、来月からちょっと不安です。

≫シェループさん
>やはり玄人の世界だ……(大汗)。
仮にやってみるのなら、まずは簡単なのを複数製作してみて、経験を積んでから精密なのに挑むのが無難でしょう。
なにせ紙ですので、簡単に苦労が水の泡になりますので。

>ロックマンX DiVE
まあやろうと思えば、いろいろとガチャにできそうなものはありますよね。
ただ、アクションゲームと相性が良さそうなものっていうと割とネタに困る気も。

ところで根本的な疑問なんですが、そもそもこれ、本当にアクションゲームなんですかね?
なんか斜め上なことをしてきそうな気がしないでもないんですが。

>ゼルダの場合はあらかじめ「今後、変更が加わる可能性あり」と明言されている
そうなんですが、その分後後矛盾が出かねないという可能性もあるんですよね。
まあそもそもパラレルワールド前提の世界観なんで、いざとなればどうとでもできるわけですけど。

>僅か二本でそこまで強くなるものでしょうかね…。
PCエンジンにおいて「天外魔境」という名は相当重いと思いますよ。
それにバランスを考えると同一シリーズから複数よりも、様々なタイトルを、となるのはおかしくないかと。

>コードヴェイン
さすがにもう延期はなさそうですけど、その割に情報が少ないのが不安というか・・・。
仮に出すほどの情報がないとかだったらちょっとそれは問題ありでしょうしね。
発売に合わせて一気に出してくるならまだいいんですが。

>ラングリッサーモバイル
古代文明期のロボットなんか3や5で本編に大きく絡んできてますからな。
5にはその生き残りも出てますし。

というか、旧シリーズ全作に登場した最強の鎧であるアサルトスーツって、「ゼアーアイン」(レイノスのライバル機)だと明言されてるんですよね実は。
まあこれに関してはスターシステムの一環だとは思いますけど。

>艦これ
この連休で佐世保でリアルイベントが行われました。
JALが特別便を飛ばしたり、長崎新部ンおHPのトップを飾ったりとまあいろいろありましたが、それ以上に衝撃だったのがゲストでして、佐世保市長はまあいいとして(よくねえ)、なぜ北村地方創生担当大臣が来られているのでしょうか?
しかも艦娘がプリントされたTシャツ着て法被はおってノリノリなのでしょうか?
これまでにも伊藤みどりだの西城秀樹だのと衝撃のゲストが来ていましたが、それとはまた別方面で衝撃でした。

>装甲娘
ちなみにコロコロアニキの漫画も再開しました。
が、ゲームのほうが配信延期で、いきなりはしごを外された形になっております。


桃鉄、新作が出るのはいいですが、キャラデザインの変更は物議をかもしてますな。
まあ変更についてはわからないでもないですけど、やはりシリーズとしてはあの絵を踏襲してほしかったと思います。
白ネズミ 2019/09/16(Mon) 17:32 | 返信 | 削除 |
[4643] 振り返れば頭(じゃくてん)がある
(そろそろ雨が強くなるんでしょうか……。)

≫白ネズミさん
>接着剤のつけ過ぎでお釈迦になるとか普通にありますしね。
想像するだけでも血の気が引きますね、それ…。
数十時間の労力が一瞬で水の泡になる訳ですし……。

やはり玄人の世界だ……(大汗)。

>ロックマンX DiVE
>特殊武器をガチャ入手にするというのがキャラよりはありそうな気がします。
特殊武器だと、ロックマンXどころか、シリーズの醍醐味に関わるところですから、対象に
するには結構、危ないような…。なんか、否定意見が寄せられそうな気がしてなりません。
あながち、あり得ないとも言い切れないのが怖い所ですけど。。。

個人的に武器じゃなくて、X8にあったような強化チップ絡みの方がまだあり得るのでは、
と思ってしまいますが。思えば、あれってガチャ向きですし…。
他にガチャ無関係ですけど、サブタンクのエネルギーチャージとかも対象になりそうな。

>時系列とかは後からいろいろ変更入ってくる代表みたいなものですからな。
>ゼルダシリーズとかいい例ですよ。
しかし、ゼルダの場合はあらかじめ「今後、変更が加わる可能性あり」と明言されている点で、
やや特殊(あるいは良心的?)なケースのようにも見えますけどね…。
他のゲームの場合、何の予告もなく変更を加えたりする例がありますし。

>両方入れると天外魔境色が強くなりすぎると判断されたんじゃないですかね。
僅か二本でそこまで強くなるものでしょうかね…。
まあ、ボンバーマンも国内版は94しか収録されていないなど、全シリーズを網羅している
訳ではないですから、それを踏まえた可能性は否定できませんが。。。

とは言え、もう少し遊ばれる機会を作っても、とは思うんですけどね、初代。
何かと、このシリーズと言えば注目されるのがIIですし。

>コードヴェイン
>最新号の電撃PSでも特集記事が組まれてるんですが、やはり新情報はないんですよね。
もう出し尽くしたとか、そういう線もあり得ますが…。
というか、先日に体験版の配信が始まり、東京ゲームショウでもステージイベントが
組まれているのを踏まえると、さすがにこれで延期は……と思ってしまいます。
仮に決めてきたら迷惑極まりないの次元じゃなくなるでしょうし…。

>ラングリッサーモバイル
>解釈の仕方によっては、レイノス・ヴァルケンのはるか未来がラングリッサー
>シリーズという風にも取れますし。
そう言えば、そんな設定があるとのことを大分前にここで伺いましたね…(笑)。

>艦これ
>サンリオ的にも一発屋で終わらせる気はなさそうです。
相変わらず、気合の入れ具合が尋常でないというかなんというか…。

VTuberとのコラボも決定するなど、つくづくフットワークが軽く、時代の風潮を読む力に
長けているなと思うばかりです。。。

>現在超長期メンテ中の装甲娘でありますが、久々に続報が来ました。
>それによると、戦闘はコマンド選択式RPGになるそうです(旧作はラインディフェンス)。
龍が如くのみならず、こちらもですか…。
なんか、そんなに流行っているのかと言いたくなります。。。

≫Amicaさん
>アストラルチェイン
>慣れるまでが大変ですが、うまく両者を動かせるようになると非常に楽しいです。
>探索パートがかなり長く、アクション一辺倒でない作りもメリハリがあって好きですね。
購入はしているんですけど、ヨッシーを優先している関係で開封できてません……。
戦闘の楽しさはよく耳にしているので、ヨッシーが一区切り着き次第、始めたいです。。
(反面、探索は少し癖のある構成と聞いていますけど。。)

>ワリオシリーズのほうはあまり遊んだことがないので何も言えませんが、
>今作の快適さを考えると3D箱庭マリオに残機制はもう必要ないんじゃないか
むしろ、2Dも残機制は撤廃していいようにすら思います。
最近の『Newスーパーマリオブラザーズ2』と『NewスーパーマリオブラザーズU』がいい例
ですけど、(特に前者は)完全にシステムが形骸化していますから。
何より、ワリオのみならず、同じマリオ派生のヨッシーも『ヨッシーウールワールド』
にて廃止しちゃってますからね。(※最新のクラフトワールドも残機制無し)
もう、万人に楽しんでもらうこと第一なら、それに振り切るべきかと。

或いは先日の『ロックマン11』みたいに難易度ごとに有りか無しかを分けるみたいな策を
取るのもいいでしょうね。まあ、マリオの場合はそんなこと絶対やらないでしょうけど。
(※マリオランド2という唯一の例外こそありましたが……。)

>まさかあんなことができるなんて
ちゃんとあの場面に限り、グラフィックがああなる所もニクかったですね。。。

>夢をみる島
>パネルダンジョンってそういうものだったんですか。
大変申し訳ございません、改めて調べたらこちらの誤解でした(汗)。
お題に沿ってダンジョンクリアを目指す、というもので合ってますね。。。
https://www.nintendo.co.jp/switch/ar3na/leisure/panel-dungeon.html

ただ、このシステム自体、何らかの布石……になるかもしれませんね。

>LA-MULANA 2
>そこを隅から隅まで探索すれば、冥星神殿近辺にいるガーディアンと別のガーディアンの
>情報が得られるかと思います。
無事、五体目のガーディアンにカチコミできました(笑)。
仰る通りに幾つか会話を巡ったのですが、全くそれが発生せず……改めて、踏破済みの
エリアを再探索した所、『死者の門』で謎解き漏れがあって、解いた結果進行しました。。
随分時間がかかってしまいましたが、アドバイス感謝です……!

ちなみにその後、六体目のガーディアンにも無事カチコミできました。。。
(なんだこの時間差は……)

>体当たりのすれ違いざまに鞭を当てるとか、そんな感じの戦いをされたのでしょうか?
いや……その直後、左右端に現れる瞬間を狙ってジャンプし、すぐ振り向いて頭に鞭を
当てるという方法でやりました。。意外にこれでパターン化できましたね……。
ただ、正規の攻略法より遥かに時間がかかるので、お薦めはしないでおきます。。。

>ブレスコントロールノワール
>…よくこの内容をゲームで作ろうと思ったなあ、というのが第一感想でした。
>こちらで書かれていたご忠告に従い、最後に出てくる人名を調べるのは触りだけにして
>おきました。あまり詳細を知っても気分が悪くなりそうだったので…。
賢明なご判断です。詳細を調べようとすれば、気分が悪くなるどころでは済まない画像に
行き着いてしまいますので……。
まあ、結果的に普段知らない世界(?)を知れもしますが…(汗)。
シェループ@管理人 2019/09/08(Sun) 23:40 | 返信 | 削除 |
[4642] 鎖でぐるぐる
時間がとれたのでここ一週間『アストラルチェイン』を遊び続けていました。
探索ADVとアクションを足したようなゲームなんですが、とにかくアクションが面白いです。
プレイヤーと、鎖でつながっている生体兵器を同時に操って敵を倒していくというものなので、
慣れるまでが大変ですが、うまく両者を動かせるようになると非常に楽しいです。
探索パートがかなり長く、アクション一辺倒でない作りもメリハリがあって好きですね。

>これがBotWと同じ年に発売された、というだけでも2017年のとんでもなさを痛感しますね…。
確かに、任天堂の二大看板の最新作で、しかもお互いが最高傑作に近いものがが同じ年に
発売されるなんてとんでもない話ですね。
キャプチャーも面白いんですが、怪しいところには必ず何かがある、という箱庭の密度の濃さがツボに嵌りました。
ワリオシリーズのほうはあまり遊んだことがないので何も言えませんが、
今作の快適さを考えると3D箱庭マリオに残機制はもう必要ないんじゃないか、と思います。

最後のアレは目頭が熱くなりましたね。
まさかあんなことができるなんて思いもしませんでしたよ。

>俗に言う電波系……カラスみたいなものと思えばいいんでしょうかね。。
クリアすれば意味がわかるようになるらしいので、完全な電波というわけでもないと思われます。
初見では面食らってしまいますが。

>それに近いものなら、今度のリメイク版『夢をみる島』に実装されるようですけどね。
>構造と敵の配置には世界観を踏まえた制約がありそうですが。
パネルダンジョンってそういうものだったんですか。
てっきりパネルを集めてパズルを完成させてできたダンジョンに挑むものと思っていました。

>ニーズヘッグさんですか?
>彼でしたら、ゲーム開始間もない頃にヘルヘイムへと旅立たれました。(※マジ)
そちらのルートに行かれましたか。
となるとかぎ爪をすでに持っているでしょうから、それを使って世界樹の根から
別フィールドを経由して新しい場所に行けると思います。
そこを隅から隅まで探索すれば、冥星神殿近辺にいるガーディアンと別のガーディアンの
情報が得られるかと思います。

しかし、一週目でニーズヘッグさん早期突破とは流石です。
体当たりのすれ違いざまに鞭を当てるとか、そんな感じの戦いをされたのでしょうか?

>とりあえず、まずはどこまで読めるか己の根気に挑んでみます(笑)。
冒頭に収録されている「インスマスの影」は、長い上に読み難さも相まって
挫折する人も結構います(自分もそうでした)。
ですので最初の作品は飛ばして、短めの作品から読むときっと頑張れる…と思います。

そういえば書店で007原作の新訳版が発売されていました。
確か原作はなかなか手に入りにくかった覚えがあるので、これを機に読んでみようかと考えています。

3Dのゲームに疲れたので、こちらで紹介されていた『ブレスコントロールノワール』を最後までプレイしました。
…よくこの内容をゲームで作ろうと思ったなあ、というのが第一感想でした。
こちらで書かれていたご忠告に従い、最後に出てくる人名を調べるのは触りだけにしておきました。
あまり詳細を知っても気分が悪くなりそうだったので…。
Amica 2019/09/07(Sat) 22:52 | 返信 | 削除 |

- ASKA BBS -