Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
◆This Weeks Update(2022/8/7)
■Weekly Notes
≫2022/8/1~2022/8/7

■Review Box
◇「Best of the year title」更新。2003年、2004年当時の記録を追加。
≫【ゲーム回想録2003】:新作&旧作ベスト5ほか
≫【ゲーム回想録2004】:新作&旧作ベスト5ほか

■Writer Activities
≫2022/8/1~2022/8/7

※次週8月14日の更新は盆のためお休みします。次回更新は8月21日の予定です。
▼Weekly Notes (2022/8/1~2022/8/7)
ふと観た映画がパワーワードの嵐で、腹筋への深刻なダメージを負ったこの頃。
「沖縄流あごヒゲフリップ」とは。
◇Site & Blog Update Note / ◇Media Information / ◇Game Play Log

≪Site & Blog Update Note≫

「Review Box」の「Best of the year title」を更新。
2003年2004年の分を追加しました。
他は雑記、ライター記録の更新となります。

次週は盆のため、更新をお休みします。(※ブログは更新予定)
次回更新は8月21日の予定です。


「Blog」の今週掲載分は以下3本。

◆【ニュース備忘録】:2022/8/1~2022/8/7
◆【気になる新作・月初め特集】:8月の購入予定メモ
◆【進捗メモ】:2022/8/1~2022/8/7

とんでもなく濃い一週間だった。

『レンダリング・レンジャーR2』、この復活を長らく待っていた!
『ロックマン バトル&ファイターズ』、唐突過ぎる!
『タクティクスオウガ リボーン』、3度も手を汚せと申すかッ!

しかし、オウガは『伝説のオウガバトル』のリメイクはしないのかね……。
あれも割と望まれている気がするのだけど。



≪Media Information≫

◆Meta Quest 2で遊べる日本発のVRゲーム15選(Mogura VR / MoguLive)
◆『マリオ』における“味方”としてのクッパの魅力と意外な軌跡 『マリオ+ラビッツ ギャラクシーバトル』新情報を機に振り返る(リアルサウンド テック)
◆今後のアップデートと完成が期待される、注目の制作途中フリーゲーム3選(2022年8月号)(もぐらゲームス)
◆【Meta Quest 2】8月第1週の新作&注目のVRゲーム・アプリ(Mogura VR / MoguLive)
◆今週の気になるVRゲームニュースまとめ(7月31日~8月6日)(Mogura VR / MoguLive)

『マリオ+ラビッツ』新作でクッパが仲間になると聞いて、今まで味方で登場した作品を振り返ってみたら、たったの5作しかなかったことに驚いたこの頃。2010年代とか、本当に何の意向が働いていたんだと思ってしまったほど。



もっと増やせとは言わないけど、時々そうなる風物詩みたいにならないものかなと思う……。
(それにしても、『オリガミキング』のクッパは凄く頼もしかった。)



≪Game Play Log≫



そんなクッパが久々に味方で登場した『オリガミキング』決着。
(ちなみに上記の記事掲載直前だったという。)
間違いなく路線変更後のペーパーマリオの中では断トツの良作だった。

通常戦闘がクセ強めかつ報酬が少ない、セーブデータの仕様が前作と一緒(しかも実績絡みにその弊害がある)、初見殺し要素増加などの気になる箇所も色々とあったけど。ただ、満足度は断トツで、個人的にシリーズでも1、2を争う面白さだった。
特に前作以上に豊富なイベントネタの数々に感服。一部、任天堂の別タイトルのものもあり、個人的には『メトロイド』と『スターフォックス64』が特に笑った。というか、フォックスのネタが出てくる所、『スーパースコープ6』もネタにしていたように見えたけど、気のせいか……?(しかも、あれって同じインテリジェントシステムズ開発タイトルだし……)



2作続けて薄味だったストーリーも完全復活し、印象に残るイベントが沢山あったのも好印象。キャラクターも今回はオリジナルもそこそこ居て、とりわけブンボ―軍団は発想と解釈の勝利としか言い様が無かった。トドメを指す演出がやたらエグかったのは気になったけど……(笑)。(特にセロハンテープとホッチキス。壊れ具合が痛々しすぎた……)



他に探索のストレスを極限にまで減らしたマップデザインに攻略意欲を強烈に刺激するやり込み要素、音楽も印象深い。音楽はマリオらしくないというか、やたら『ファミコンウォーズ』(※アドバンスウォーズ以降)シリーズや『リンカーンVSエイリアン』っぽかったのが引っ掛かったが、スタッフロールのリードコンポーザーの所を見て納得。同じ人(関河義人さん)だった(笑)。航海のシーンとか、普通にウォーズシリーズで流れても違和感ない気がしたぞ(ウォーズDS2の「たたかいの旅路」っぽかったというか)。あと、『スーパーマリオランド』以来、あまりにも久々な中華風の楽曲があったのも凄く印象的だった。

路線変更後の3作目にしてついに化けたというか、底力を見せつけられた印象。気軽に周回できないのが残念の極みだが、いつか時間が出来た時に周回したいなと思う。とてもいい『ペーパーマリオ』でした。



他に今週は『ファークライ6』、『バイオミュータント』、『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』、『星のカービィ ディスカバリー』、『立体ピクロス』、そして『レイトン教授VS逆転裁判』にも触れ、どれも上々な進展に。ただ『立体ピクロス』はまだルールを掴み切れてなくて、鈍りそうだが……。平面のピクロスに慣れきった人間としては、練習を何度かやり直すしか。



ともあれ、次週は進みの良い『ファークライ6』を重点的に進めていければ。再開した『バイオミュータント』もだけど、今月はとにかくPS4の積みゲーを減らしたい。『地球防衛軍6』を問題なく出迎えるためにも。

他の旧ハードの積みゲーも盆の時期に集中して行こう。
≫My Game Logs(今後の購入予定と所持ゲームの進捗) / ≫Weekly Notes(過去ログ)

当サイトで使用されている壁紙・画像・文章などの無断使用・転載・コピーは固く禁じます。
当サイトは非営利目的で運営しています。取り上げているゲームの著作権は全て各メーカーが所持しています。
メーカー側からの削除・修正に関する要望があった場合は、直ちにこれに従います。