Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
◆This Weeks Update (2019/10/20)
■Weekly Notes
≫2019/10/14~2019/10/20

■Writer Activities
≫2019/10/14~2019/10/20
▼ Weekly Notes (2019/10/14~2019/10/20)
もはや秋という季節は無くなりつつあるのか……。


≪Site Update Note≫

雑記、ライター記録の更新となります。


≪Blog Update Note≫

2019/10/14~2019/10/20の間にブログ『Box Diary』に掲載した記事のまとめ。

◆和のクラフトスピリット
◆【あとがき&こぼれ話】:アルファドリームのこと
◆進捗メモ(2019年10月20日)

先週のSQOOL.NETゲーム研究室さんに掲載されたコラムのあとがき的なものを載せました。特に追記とかでもなく、思うがままに書き殴っただけの内容です。ただ、マリオのRPGシリーズを一旦休め、今後を考え直すのは、やった方がいいのではないのか……と、こちらにも記しておく。もう、2つの違うシリーズを回していくのは限界だと思うんだ…。

まあ、現時点では片方、当面は続けられない状況になってしまったが…。

◆『シュタゲ』10周年記念、 原作の志倉千代丸氏を始め、宮野真守さん(岡部倫太郎役)らキャストなどからの10周年記念コメントが公開!(ファミ通.com)
◆『フォートナイト』になにが? ブラックホールのようなものがすべてを吸い込みプレイ不能に(ファミ通.com)
◆Nintendo Switch版「TOKYO DARK -Remembrance-」の発売日が11月7日に決定。10月31日からは20%OFFになる発売記念セール開催(4Gamer.net)
◆吉祥寺ココマルシアター、映画館を無許可営業の疑いでゲーム関連会社社長らを書類送検へ(GAME Watch)
◆いつか「ゲーマー」という言葉がなくなってほしい――「風ノ旅ビト」「Sky」を作ったJenova Chen氏が語る,ゲームというエンターテイメントにかける想い(4Gamer.net)
◆“Door Kickers”のレトロな横スクロールアクションスピンオフ「Door Kickers: Action Squad」のコンソール版ローンチトレーラーが公開、発売はまもなく(doope!)
◆「リングフィット アドベンチャー」レビュー(GAME Watch)
◆『Return of the Obra Dinn』作者・ルーカス・ポープ氏と翻訳者・福市恵子氏が極上の推理アドベンチャーの秘密を明かす(ファミ通.com)
◆HD化にヨーグルト。なぜか今『グランディア』が熱い!(電撃オンライン)
◆「初音ミク Project DIVA MEGA39’s」の操作方法紹介映像が公開。スペシャルサポーターの神沢有紗さんが「ミックスモード」に挑戦(4Gamer.net)
◆「終末」待ち9年地下生活か オランダで親子7人発見(AFPB NEWS)
◆ポケットモンスター:「コロコロ」の長寿マンガが23年の連載に幕 「別冊コロコロ」「コロコロアニキ」で連載続く(MANTAN WEB)
◆ローマ法王庁、「電子ロザリオ」発表 クリックで祈りを(CNN.co.jp)

そのほか、今週のニュースで気になったもの一覧。
一番印象的だったのは……オランダの9年間地下生活を送っていた親子が発見されたニュース。少し『ファークライ5』と『ニュードーン』が脳裏を過ぎってしまった。そもそも、9年も生活を送れるものなのだろうか。ダッチ(5のキャラクター)のように念入りに準備していたのなら、あり得なくはないけど。というか、場合によっては今週、大阪のUBIDAYへの出没が確認された本物のジャッジさんが誕生していた可能性すらありそうな。



何にしても、不気味なニュースだった。

ゲーム絡みだとフォートナイトの大胆なイベント、「筋肉は一生の相棒」なる文言が記されていることが報告された『リングフィットアドベンチャー』のレビュー。後者はなんだか凄く気になってきてしまった……(笑)。

あとはグランディアのパルテノコラボ。ここに至るまでの経緯が色々変わっていて、少し笑ってしまった。この手の疑惑パターン、厳しい展開になるのが連想されがちだけど、結果的に平和な形で収まったのは珍しいケースだったように思う。大胆なコラボはできなさそうだけど、いずれ日本語版の配信が始まった暁に続きの展開があると面白いかもしれない。

というか、日本での配信はいつ頃に実施するつもりなのだろう。
さすがに待たせ過ぎのような気がするんだけど……。


≪Media Information≫

◆日本をよく知らないナンシーが作った和風ホラーゲーム『怖い人形が出る kowai』それは怖くないです。(もぐらゲームス)
◆少年の葛藤と願望、そして成長をアーケードゲームを通して描く異色のADV『198X』(もぐらゲームス)
◆ある夏の不思議な出来事を描く短編ノベルゲーム『未来に舞う蝶の色は』 もし、あの”悲劇の現場”に戻れたら……何をしますか。(もぐらゲームス)

今週はもぐらゲームスさんにフリーゲーム、インディーゲームのレビュー三本が掲載されました。
いずれもイチオシです。よろしくお願いいたします。
フリーゲーム2作品のダウンロードは下記リンク先よりどうぞ。



≫日本をよく知らないナンシーが作った和風ホラーゲーム(ふりーむ!)
≫未来に舞う蝶の色は(ノベルゲームコレクション)※ブラウザ版もあります


≪Game Play Log≫



来たる10月24日の新作ラッシュに備え、『ヨッシークラフトワールド』を中心に早期決着が狙えそうなゲームを進めた一週間。一区切り着いたものはなかったけど、ヨッシーと『ボンバーマン'93』は架橋。『アニマス』とガチョウさんこと『Untitled Goose Game』も、それなりに時間を確保できれば24日前に決着できそうな状況となった。新たに開始(再開)した『The Mummy Demastered』は序盤も序盤。『ユーカレイリー』と『No Man's Sky』も多少進んだだけ。イーブイはできなかった…。

あとスイッチ、PCに参上した新入りが結構進んだりしたが……。
何のゲームかは、近日中に。



とにもかくにも、いよいよ『Bloodstained: Ritual of the Night』の家庭用ゲーム機版がくる。
他に『GIGA WRECKER ALT.』、『Dusk Diver 酉閃町』の2本も続けて参上する。

さすがに一区切りが近い4本全てを終わらせるのは無理として、最低でも1本は終えて、来たる24日に備えたいと思う。スケジュールが切迫気味な関係で、最悪、1本も一区切り着かずに迎えてしまう可能性が無きにしも非ずだけど。

そもそも、24日に3本プレイするのが叶うのかどうか。
いずれにせよ、やるっきゃない。
≫Weekly Notes(過去ログ)

当サイトで使用されている壁紙・画像・文章などの無断使用・転載・コピーは固く禁じます。
当サイトは非営利目的で運営しています。取り上げているゲームの著作権は全て各メーカーが所持しています。
メーカー側からの削除・修正に関する要望があった場合は、直ちにこれに従います。