Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
◆This Weeks Update(2024/5/26)
■Weekly Notes
≫2024/5/20~2024/5/26

■Writer Activities
≫2024/5/20~2024/5/26
▼Weekly Notes (2024/5/20~2024/5/26)
無印良品のレトルトカレーを初購入し、食べた。
品質がバグりすぎてないか、これ。
……また買ってこよう。
◇Site & Blog Update Note / ◇Media Information / ◇Game Play Log

≪Site & Blog Update Note≫

雑記、ライター記録の更新のみとなります。

「Blog」の今週掲載分は以下2本。

◆【ニュース備忘録】:2024/5/20~2024/5/26
◆【進捗メモ】:2024/5/20~2024/5/26

2019年の今頃、SNS上で関係者の誰かが、肺炎で入院したとか言ってたのを見た覚えがあるんだよな、梅津秀行さん。
今回の訃報と病名を見て、「まさか……」と思ってしまった。診断後に出される”ある確率”が年数で一致するし。

『ロックマン11』のワイリー、「頑張れシャミ子!」(『まちカドまぞく』のナレーション)などの印象が近年は強かったが、個人的には『ミュータント・ニンジャ・タートルズ』のスプリンター先生&クランゲ皇帝、『飛べ!イサミ』の鎧天狗、他に『ルーニー・テューンズ』に『モンタナ・ジョーンズ』など、幼少期にハマったアニメに必ずいらっしゃる常連バイプレイヤーだった。

ここしばらくのだと、やっぱり『ロックマン11』のワイリーがダントツで素晴らしかったなぁ……。前任の青野武さんとは全く異なる魅力を持つ、梅津さんならではのワイリーだった。アニメ版『ロックマンエグゼ』で、ワイリーマニアの設定が盛られたガウス・マグネッツを演じた人が、本物のワイリーになっちゃうメタ的なパラレル展開もなかなかに面白かったですね……。



もっともっと、梅津さんのワイリーを見てみたかった。
欲を言えば、『ロックマンX2』のサーゲスか、『ロックマンX6』のアイゾックを演じる所も見てみたかった。
まさか1作限りのワイリーになってしまうとは……。(けど、『ロックマンVR』でも演じられていたのか?)
謹んでご冥福をお祈りします。

そして、幼少期にハマったアニメでは本当にお世話になりました。
今頃、サワキちゃん(2022年に亡くなられた梁田清之さん)とお会いされているのだろうか。

中尾彬さんも昔から見慣れていた俳優さんだっただけに寂しくなる。
というか、ご出演されている『ジャッジアイズ』が積んだままなんだよな……。
『Rise of the Ronin』が一区切り着いたら、そちらを進めるか。



≪Media Information≫

◆【Meta Quest 2 / Quest 3】2024年5月第3週の新作&注目のVRゲーム・アプリ(MoguLive)
◆『ゴースト・オブ・ツシマ』の“源流”となる超能力アクション 「インファマス」シリーズの魅力とこだわり(リアルサウンド テック)



PS5で遊ぶ4K画質&60fpsの『インファマス セカンドサン』、マジ最高です。
(記事内で使ったスクショもPS5で撮影したものになります)

ただ、長時間プレイすると割と酔うのでご用心。(経験者は語る)
『ファーストライト』も4Kと60fpsに対応してくれませんかね。



≪Game Play Log≫

『The Vargrant』は2度目の正直とはならなかった。
週前半に喫緊の対応が生じ、先週にも増して割ける時間が減ってしまった。

けど、半ば意地で『El Hijo – A Wild West Tale』は一区切り着けた。
『ピンチ50連発!!』も同様に決着させようと思ったけど、間に合わず。
けど、次週前半には一段落と思われ。(すでにピンチ26まで進行)



■El Hijo – A Wild West Tale(PS4)
よくも悪くも、ガバガバ過ぎるステルスアクションゲームだった。随所で敵が「お前ら、そんなんでいいの?」とツッコみたくなる不可解な行動しまくり。ただ、それが逆に笑いを誘うところもあって面白かった。だが野犬、お前だけは例外だ。素で犬に対する嫌悪感が高まりかけた。ごく一部のステージに限定されていたのが幸い。



全体的に難易度はチェックポイントの豊富さもあってほど良かったが、操作性に難あり。なんかボタン配置が洗練されていない(設置物のチェック、影に隠れる動作がバラけていて統一感がない)というか、困惑しやすい。あと、過剰に入力が判定されたり、壁に引っかかって移動速度が遅くなる頻度の多さも気になった。この所為で何度か、意図しないミスが生じることも経験したし。そこだけはかなりのストレスを覚えた。暗所の視認性が異様に悪いのもまた然り。
ボリュームは適度で、ステージごとの規模も長すぎず短すぎずに収まっていてバランスは取れているのだけど、突出した個性がガバガバ以外になかった印象。よくも悪くも凡作だった。正直、これは薦めにくいし、今後も遊ぶかは怪しいかも……。



あとは今更『プリニー1・2』を再開したり、『Rise of the Ronin』と『ドラッキーのAリーグサッカー』をチマチマと。『デジボク地球防衛軍2』も既に開始しているが、まだ序盤も序盤。

次週は月末なんで、さらに進捗的に厳しいものになりそうだが……地味に先月中旬以降、最低1本の積みゲーが一段落し続けているこの頃。進行途上の中で、1本だけは集中的に進めておきたい。



まあ、『ピンチ50連発!!』がきっとその筆頭になる……はず。
それにしても大画面で遊べるの、最高過ぎます。(3DS版とテンポ感が変わりないのも良し)
≫My Game Logs(今後の購入予定と所持ゲームの進捗) / ≫Weekly Notes(過去ログ)

当サイトで使用されている壁紙・画像・文章などの無断使用・転載・コピーは固く禁じます。
当サイトは非営利目的で運営しています。取り上げているゲームの著作権は全て各メーカーが所持しています。
メーカー側からの削除・修正に関する要望があった場合は、直ちにこれに従います。