Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
  1. ホーム>
  2. Weekly Notes(過去ログ)
※三週間が経過したログから順次、削除されていきます。
▼Weekly Notes (2024/5/13~2024/5/19)


なぜ1時間にした……。
1分の時点できつい(汗)。オチの「飲めるかぁ!」も入れておこうよ。。。
そらツダケンさんも補足&困惑しちまうわ。。



≪Site & Blog Update Note≫

雑記、ライター記録の更新のみとなります。

「Blog」の今週掲載分は以下2本。

◆【ニュース備忘録】:2024/5/13~2024/5/19
◆【進捗メモ】:2024/5/13~2024/5/19

アサクリ新作の詳報に『カエルの為に鐘は鳴る』の配信とか、今週もてんこ盛り。
というか、ホントに『カエルの為に鐘は鳴る』って単発作ながら、深く愛されているゲームだなと思う。
これのシナリオを書かれたのがメトロイドとファミ探の坂本さんってのも衝撃よね……。

とりあえず、次は『カエルの為に鐘は鳴る』繋がり(ナンテンドウが登場する関係)で、『トレード&バトル カードヒーロー』の復刻でお願いします。シタイン博士が登場する『ワリオランドアドバンス』でも良きですよ。



≪Media Information≫

◆【Meta Quest 2 / Quest 3】2024年5月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ(MoguLive)

そう言えば、Tumblrは先日からゆるゆると過去分を更新中です。



≪Game Play Log≫



ペリーって、こんなに強かったの……(汗)。

などと『Rise of the Ronin』で困惑しまくりのこの頃。
今は横浜をウロウロしています。(語弊を招く書き方)

あとは次週の続編に備え、『デジボクEDF』を一段落させたり、なぜだか恐ろしく遅々とした進行になってしまっていた『バイオHD1』をようやく終えたりした一週間。後者は始めたのが2年前なのに、どうしてここまで時間がかかってしまったのか。



■まーるい地球が四角くなった!?デジボク地球防衛軍(NS)
ただひたすらに、今ごろになって遊んだことを詫びたくなる傑作だった。
今までのスピンオフの中で、システムから作風、難易度ともに本編との大きな差別化に最も成功した作品だと思う。これは次週発売の続編も購入不可避だし、さらなるシリーズ展開を望みたい。

ただ、続編はミッション総数が本編に匹敵する物量というのが若干気がかり。
本作のボリュームがほど良かったからこそ、それを維持して欲しかったんだが……。とりあえず、6みたいにストーリー性が高まっているなど、中だるみを防ぐ工夫が凝らされていることを願うばかり。



■biohazard HD REMASTER(PS4)
3DSの『リベレーションズ』以来にして、初の本編シリーズだったけど、固定カメラや操作周りの仕組みで四苦八苦。ただ、そうしたシステム的な癖も踏まえて恐怖感を引き立てるゲームデザインであったり、時にゾンビを見過ごす判断も必要になって来る戦略性の高い作りは、色々と唸らされたりもした。まさにサバイバルホラーの金字塔としての底力を思い知らされた次第。

クリアしたのはジル編で、クリス編はこれからだが、周回では『メトロイド』的な遊び方もできるとのことなので、引き続き進めたい。それが一区切り着いたら、次の本編シリーズに突撃だろうか。そう言いながらWii版『バイオハザード4』が積みゲーとして待機中だったりするのだが。その前に『バイオ0』かね……?

なお、今週に先週、あまりできなかった分のリベンジするつもりだった『The Vagrant』は僅かな進展に留まったという。『デジボクEDF』に時間を取られ過ぎたのが響いた。

とりあえず、次週こそ2度目の正直……としたいけど、どうなることやら。
▼Weekly Notes (2024/5/6~2024/5/12)
今更ながら『このすば』3期、メチャクチャ面白いな……。
1、2期以上にギャグから演出、声優さんの演技までネジが外れまくっている。
次回予告も色んな意味で酷いこと(※褒め言葉)になっているし。(特にこれ
元から決定事項だったが、今回もBD全巻の購入は不可避だな……。



≪Site & Blog Update Note≫

雑記、ライター記録の更新のみとなります。

また、招待制だった頃に開設したけど、ずっと放置していた)Blueskyのアカウントリンクを追加しました。今後、雑談的なものはBluesky、X(Twitter)はリポスト&連絡専用という形への切り替えを進めていきます。
X(Twitter)は3月中旬から半休止の状態としているため、そうならずに完全停止する可能性大ですが。

それと、寄稿記事の記録をまとめていたTumblrは一時的に全投稿を削除しました。
後日、ニュース記事の記録を完全に省く形で、古い分より順次再投稿していきます。

「Blog」の今週掲載分は以下2本。

◆【ニュース備忘録】:2024/5/6~2024/5/12
◆【進捗メモ】:2024/5/6~2024/5/12

一番のトピックはSwitch後継機だけど、Tango Gameworksの閉鎖も衝撃だった。昨年出した『Hi-Fi RUSH』であれほど立派な功績を残し、三上真司さんが去られた後でもやっていける底力を示したというのに惨すぎる……。

あと、SwitchのX(Twitter)連携終了告知はさもありんとしか。むしろ、PSとXboxが昨年の時点で終えている実態を踏まえれば、よくここまで続けてくれたと思う。後継機ではどうするのやら。



≪Media Information≫

◆【Meta Quest 2 / Quest 3】2024年5月第1週の新作&注目のVRゲーム・アプリ(MoguLive)

呼吸FPSとは一体……。



≪Game Play Log≫



『The Vagrant』よりも先に『プリンセスピーチ』が決着した一週間。むしろ、『The Vagrant』は『ベオグラードメトロの子どもたち』の方に時間を取られた関係であまり進まなかった。
現在は『ベオグラードメトロの子どもたち』が決着したので時間を割けるようになったが。
ひとまず、次週改めてチャレンジということで……。

決着した2本の感想は以下、個別に。



■プリンセスピーチ Showtime!(NS)
事実上の前作『スーパープリンセスピーチ』を”いい意味で”リセットして再起動させた会心の一作!豊富な変身によって実現した遊び心満載のステージ、操作は簡単なのにあたかも多彩に見せて感じさせるアクション、易しめながらホドよく手応えも残した難易度が大変良かった!あと、マリオとルイージ、クッパといったお馴染みのキャラクターたちはキノピオを除いて、一切登場させなかった判断にもスタンディングオベーション付きの大拍手を送りたい。こういうワリオシリーズのような独自の世界観を表したスピンオフ作品、ルイージやヨッシー、キノピオの主演作でも見たくてたまらないものだったんだ……(同時に前作『スーパープリンセスピーチ』で強烈な不満を抱いた箇所でもあった)。まさかピーチ姫がやってくれるとは夢にも思わず。ここまで全編、ゲーム部分に限らず世界観から敵キャラクターに至るまで新鮮味しかないマリオのスピンオフ作品は久しぶりだった。各種システム、アクションもピーチ姫だからこそ映える(インパクトが出る)意義の強すぎるものになっていたし、本当にお見事!収集要素のやり込みが蛇足気味、それらの隠し方が相変わらずのグッド・フィールらしい嫌らしさ全開(昨年の『バケル』に次いでまたかよ!)、ロードの長さが惜しくもあったが、全体としては大満足も大満足。このシステムと世界観を継承し、さらに発展させた続編を心待ちにしたい!今度こそシリーズ化を!そして、その続編でも何卒このアクションを続投願う……



……バイオニック!
(カンフーもメッチャ楽しかったので、続編があるなら続投希望)



グレープもピーチ姫にとっての宿敵として申し分ない存在感と語られなかった部分があったから、復活に期待したいな……。



■ベオグラードメトロの子どもたち(PC)
同じ作者さんの過去作『真昼の暗黒』、『CODA』もそうだったが、終盤にかけてどんどん事態が悪化し、泥沼に沈んでいく展開は見応え十分だった。『真昼の暗黒』を経験済みだと、一部の過激な展開には若干の既視感を覚えてしまいもしたが。エンディングもそれに近い感じだったというか、相変わらず真実がどこにあるのか、いい意味でモヤモヤとさせつつ、不思議とよい読後感が残るものになっていたのが印象深い。あと、今回は全曲が本作独自に作られた物とのことだが、非常にいい意味で生理的嫌悪感を煽る楽曲揃いで、一部は脳裏に焼き付くほど強く印象に残った。
少し気になったのは既読スキップの一部不具合(読んでないテキストが早送りされることが何度か)、タイトルに戻る度にスキップ不可能なオープニングを見せられること。あとは、これはゲーム本編無関係の個人的なこととして、なぜ買ってから4年も放置してしまったのか……。とりあえず、終えられただけ良かったとしておこう……。次回作はこんなに長く積まないようにしたい。

他に『デジボク地球防衛軍(EDF)』と『バイオ1HD』、『ドラッキーAリーグ』も進展。



一番進んだのは『デジボクEDF』だったが……これ、今頃プレイすることになってしまったのが申し訳なく感じてしまうほど面白い。特にブラザーのシステムは、本家シリーズにはない戦術性とテンポ感があって凄くいい。武器の回収、アーマー強化も分かりやすく簡略化されていて、この点に限っては本家を上回っている印象すらある。



これはもう……今月発売の続編は購入確定ということで。
地味にあと数日で発売まで一週間を切るから、ちょっとペースを上げねば。
≫トップに戻る≪