Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
  1. ホーム>
  2. Weekly Notes(過去ログ)
※三週間が経過したログから順次、削除されていきます。
▼Weekly Notes (2023/1/16~2023/1/22)
どうやら『ブラックホットチキン』と自分の相性はよくないらしい。
(胃もたれが続いているこの頃。)



≪Site & Blog Update Note≫

「Review Box」の「Best of the year title」を更新。
過去分をすっ飛ばして昨年分を追加しました。

ブログ掲載の記事とは異なり、すべて手短な記述に留めています。
また、旧作ベスト5は新規に書き起こしています。
2006年以降の過去分については、データが行方不明の2006年分が発見され次第、再開予定です。

あと、先週更新した『Super Cloudbuilt』解説録の情報に誤りがあっため、修正更新を金曜日未明に行いました……という、事後報告も加えておきます。(旧『Cloudbuilt』は配信済みで、『Super Cloudbuilt』が再配信されるという情報でした)

他は雑記、ライター記録の更新となります。

「Blog」の今週掲載分は以下2本。

◆【ニュース備忘録】:2023/1/16~2023/1/22
◆【進捗メモ】:2023/1/16~2023/1/22

2月に色々DL絡みで気になる新作が集まり始めている。
けど、1~2月は自粛期間ということで、今は我慢……。



≪Media Information≫

◆今週の気になるVRゲームニュースまとめ(1月8日~1月14日)(Mogura VR / MoguLive)
◆【Meta Quest 2】2023年1月第3週の新作&注目のVRゲーム・アプリ(Mogura VR / MoguLive)
◆双子と悪魔の”愛と罪”を緩急ある構成と共に紡ぐ、長編ホラー探索ADV『ラジアータの愛染罪』(もぐらゲームス)
◆今週の気になるVRゲームニュースまとめ(1月15日~1月21日)(Mogura VR / MoguLive)

『ラジアータの愛染罪』を以前取り上げた「フリーゲーム3選」の執筆は当面お休みします。
3選で取り上げた後、完成を迎えたゲームが増えてきたため、そちらの記事執筆に注力する予定です。



≪Game Play Log≫

積みゲー攻略最優先ということで、今週もあれこれ手を付けては進めた。
最も進んだのは『スーパーマリオアドバンス3』と『ベヨネッタ3』。
前者は折り返しを突破したので、そう遅くないうちに一区切り着く見込み。



なお、折り返し前の障害(大ボス)はこのように処理した次第。
勝てばよかろうなのだ、はっはっは。
(というか、ちゃんと残っていてニッコリ)



他に『アサシン クリード エツィオコレクション』もエンジンがかかり、ようやっとマリオさん(Cv:大塚明夫)ご登場。けど、進捗具合では『DOOM』が最も進んでいるので、次週はこちら優先にしようかと……。

今週は手付かずだったけど、バイオハザードも再開したい。
そんな具合に積みゲー最優先の日々はまだまだ続く。2月いっぱいまで続く。
▼Weekly Notes (2022/12/26~2023/1/15)
新年早々、ものすごい”圧し”でござった。(例のアレを見て)



≪Site & Blog Update Note≫

遅ればせながら新年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新年1発目は軽微ですが、「Collect Data Box」の「ゲームソフト解説録」、『Super Cloudbuilt』の更新となります。既にPlayStation 4、Xbox One版の配信が終了したのに伴う情報欄の変更、一部、記述内容の修正を行いました。



ちなみに本作は後日、Steamでの『Cloudbuilt』再配信及び大型アップデートが確認され次第、カテゴリをPS4からPC(Steam)へと変更します(※開発のCoilworksによれば、1月20日、1月27日の実施を見込んでいるとのこと)。
そして、レビューの方も追加できればと考えています。

他は雑記、ライター記録の更新となります。

「Blog」の掲載分は以下8本。

◆食いそびれの年の瀬
◆新年早々、反重力テクノロジーは誕生……していない!
◆2023年のゲーム絡み
◆2023年の気になる新作
◆【ニュース備忘録】:2022/12/26~2023/1/8
◆【ゲーム回想録2022】:新作&旧作ベスト5ほか
◆【ニュース備忘録】:2023/1/9~2023/1/15
◆【進捗メモ】:2022/12/26~2023/1/15

月初めに載せている新作購入メモは3月まで休止します。
理由は単純に新作の購入予定が発生しないためです。

そして、2022年の新作ベスト5。
単独記事にまとめた通り、選ばれたのは以下5本。



■地球防衛軍6(PS4)
2022年度マイ・ゲーム・オブ・ザ・イヤーにしてベストストーリー賞。「主人公=プレイヤーの分身」という伝統的な設定を尊重した体験の数々、各種要素を巧みに活かした作りに感服。新たな敵の登場で緊迫感が増した戦闘シーン、第4の装備ユニット追加に伴う戦術面の拡張など、改善点も多数で好感触。無心になれるひと時を提供してくれた点でも最高の癒しゲーだった。



■ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク(PS4)
これぞまさしく正統進化系の続編。前作の良い所はそのままに、ボス戦の増量、操作キャラクターが切り替わる展開の導入、それに伴うアクション全般の拡張によって、さらに遊び応えと満足度が増した。絶妙な難しさの謎解き、ドラマ性の高いストーリーもお見事。旧シリーズから遊んでいる身としては、クレイトスさんの父親としての成長ぶりも感慨深かった。



■奇々怪界 黒マントの謎(NS)
1992年発売の前作で謎多き事件を起こし、謎のまま消した謎の敵「黒マント」の正体、30年越しでついに判明!時系列上の続編『月夜草子』ではなく、『謎の黒マント』の続編として設計された内容にも好感触。スピーディな展開とアクション、容赦ないようで戦術次第でスムーズに立ち回れるようになる絶妙な難易度もさすがのナツメアタリ(TENGO PROJECT)だった。



■スプラトゥーン3(NS)
「ヒーローモード」の完成度に唸った。プレイヤーの選択に応じて難易度が上下するゲームバランスは、これぞ任天堂と言わんばかりの手触り。意味深な世界観とストーリーの描写も巧みだった。ステージごとの戦術指針が明瞭になった対戦全般、カードゲーム「ナワバトラー」のマジっぷりにも拍手。後者はジャッジくんとも対戦できちゃうのが素晴らしいです。おお、ジャッジよ。



■星のカービィ ディスカバリー(NS)
生涯初の発売日当日買いをした本編カービィ新作にして初の3D作品。3D化に伴うストレスを極限まで減らす工夫の数々、「ほおばりヘンケイ」による大胆かつ新鮮なアクション、強化要素の加わったコピー能力の面白さに唸った。クリア後のやり込み要素を自然とやる気にさせる導線の引き方も見事。最終的に100%クリアも達成するなど、久々に夢中になって遊んだカービィだった。



次点は『Mount & Blade II: Bannerlord』、『DRAINUS』、『ソルクレスタ』、『Pokemon LEGENDS アルセウス』、『パズルバトラー!みらい』。『Mount & Blade II: Bannerlord』は時間泥棒すぎて本当にヤバかった……。



旧作は「これしかないだろう」の『リングフィットアドベンチャー』。残る4本は『Turrican Anthology Vol. 1 & 2』、『マルコと銀河竜』、『ペーパーマリオ オリガミキング』、『探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件』(※DS版)。タリカンとマルコは2022年内に発売されたものだけど、元はそれより前の作品であることからこちらにした。
地味に新作ベスト5よりも決めるのが難しかったが……。
リングフィットは即決だったが、それ以外が。
改めて思うと、昨年遊んだ旧作は当たりが多かった気がする。

懐かしのタイトルの続編、リメイク、リマスターに関心を持ち過ぎ、完全新作の購入を怠ってしまった2021年。2022年はその反省もあってか、あまり偏りすぎない結果になったと思う。おかげでベスト5も早い内に決められた。ただ、発売当日買いした新作をすぐに始めず、長期に渡り積んでしまう行いは再び繰り返すことになってしまった。

2023年はそれに伴う積みゲーの増加、攻略の停滞を踏まえて1、2月は新作の購入を自粛。3月から再開という形にする。元々、1月も2月も目ぼしい新作がないこと、業務用PC買い替えという大きな出費の発生があったから、自粛もしやすい。3月末に終了するバーチャルコンソールタイトルのサルベージなど、旧作の購入は何かしら発生する可能性もあるけど、この間に可能な限り積みゲーを減らしておければと思う。
そして、「徹は熱いうちに打て」の姿勢で今年発売の新作は早急に始めるよう徹底します。

2023年は積みゲーの攻略最優先だ。
合言葉はただひとつ。

絶対に減らせねばならぬ積みゲーがそこにある。



≪Media Information≫

◆『ロックマン11』は初代『ロックマン』が目指した「答えのあるアクションゲーム」という理想を実現した奇跡の作品だった。生みの親・A.K氏の言葉からその真髄をひも解く(電ファミニコゲーマー)
◆2022年に発売されたVRゲーム振り返り 特に話題になったタイトル10選(Mogura VR / MoguLive)
◆【Meta Quest 2】2023年1月第1週の新作&注目のVRゲーム・アプリ(Mogura VR / MoguLive)
◆今週の気になるVRゲームニュースまとめ(2023年1月1日~1月7日)(Mogura VR / MoguLive)
◆【Meta Quest 2】2023年1月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ(Mogura VR / MoguLive)
◆もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2022年おすすめフリゲ・インディーゲーム19選(もぐらゲームス)

『ロックマン11』の記事、ありが先生に引用元確認などでご協力いただきました。
お忙しい中、ありがとうございました……。



≪Game Play Log≫

年末年始はセール完全無視で積みゲーの攻略に集中した。
ひとまず、一区切りつけたタイトルとその感想を以下、一文で。



■ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク(PS4)
理想的な進化を遂げた続編。クレイトスさんも父親として大きく成長されました。



■地球防衛軍4.1 for Nintendo Switch(NS)
事前の予想を遥かに上回る良移植。ロードの速さはPS4版を超えていたと思う。



■Turrican Anthology Vol. 1 & 2(NS)
幻の『スーパータリカン2』を遊べたこと、それにただひたすらに感謝。



■Fit Boxing 北斗の拳 ~お前はもう痩せている~(NS)
「バトルモード」だけでお腹いっぱい。あと、ケンシロウの優しさに惚れた。



■Shotgun King: The Final Checkmate(PC)
これぞまさにアイディアの勝利。いつの間にか日本語に対応していたのにもビックリ。



■Dounut Dodo(PC)
2022年度ベスト音楽賞。19日からはスイッチ版も販売開始だ。



■冤罪執行遊戯ユルキル(PS4)
岡恵一(Cv:安元洋貴)という史上最高の紳士との出会いに乾杯。けど、ゲーム的には物申すところ山のごとし……。



■Freedom Planet 2(PC)
90年代後半を感じさせる素敵な続編。日本語対応はいつの日か。

他に『ベヨネッタ3』、『超回転寿司ストライカー』、『タクティクスオウガ リボーン』、『グリムグリモアOnceMore』にも触れたけど、一区切りまでとは行かずだった。

そして、積みゲー年越し阻止の結果は以下の通りになった。

◆Freedom Planet 2(PC)
◆ベヨネッタ3(NS)
◆カプコンアーケード 2ndスタジアム(NS)
◆Turrican Anthology Vol. 1 & 2(NS)
◆グリムグリモア OnceMore(PS4)
◆春ゆきてレトロチカ(NS)
◆ワールズエンドクラブ(NS)
◆キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ 宿命の魔鏡HD(XB360)※XB1後方互換版
◆アライアンス・アライブ(3DS)
◆Voice of Cards ~ドラゴンの島~(NS)
◆アサシン クリード エツィオコレクション(PS4)
◆悪魔城ドラキュラ 闇の呪印(PS2)
◆モンスターボーイ 呪われた王国(NS)
◆超回転寿司ストライカー The Way of Susido(3DS)
◆Rakuen(PC)
◆Block'hood(PC)
◆Super Lucky's Tale(スーパーラッキーテイル)(XB1)
◆オリとくらやみの森(XB1)
◆007 エブリシング オア ナッシング(NGC)
◆ハイドライド スペシャル(FC)
◆俺の屍を越えていけ(PSP)


1本でも終わればそれでよしだったので、ひとまず成功ということで。
というか、ここに出していないタイトル中心に終わった感がある……。



ともあれ、残った分は新作の購入を自粛する1~2月の内にも終えられればと。
まずは3月の新作も見据えて『ベヨネッタ3』をどうにかしよう……。
≫トップに戻る≪