Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
  1. ホーム>
  2. Weekly Notes(過去ログ)
※三週間が経過したログから順次、削除されていきます。
▼ Weekly Notes (2021/6/7~2021/6/13)
何故だか異様な眠気に襲われる日が続いた一週間だった。
こんな時に眠気を軽減してくれる緑茶のありがたみたるや。
威力と効果の高さではメガシャキに軍配が上がるけど。



≪Site & Blog Update Note≫

「Collect Data Box」の「ゲームソフト備忘録」を更新。ニンテンドー3DSのスタッフリストに『ガンマンストーリー』、ファミリーコンピュータのスタッフリストに『SUPER魂斗羅』を追加しました。
他は雑記、ライター記録の更新となります。

「Blog」の今週掲載分は以下3本。

◆【ニュース備忘録】:2021/6/7~2021/6/13
◆【進捗メモ】:2021/6/7~2021/6/13

E3の情報が幾つか出ているけど、総まとめは次週に。



≪Media Information≫

◆このロボット、説明書が無いんだけど!? 手探りで動かすVRゲーム発売(Mogura VR / MoguLive)
◆命を作れ。役目を果たせ。”捧げろ”。ハイテンポで密度濃いめの短編RPG『Die Mutter(ディームッター)』(もぐらゲームス)
◆今週の気になるVRゲームニュースまとめ(6月6日~6月12日)(Mogura VR / MoguLive)

ゲームボーイカラー専用タイトルを思い起こさせる色使いの『ディームッター』。
手軽に遊べるRPGをお求めの人にはお薦めです。



※いずれもブラウザ版になります。
≫【命を作るRPG】Die Mutter(ディームッター)(ゲームアツマール)
≫Die Mutter(ディームッター)(ふりーむ!)
≫Die Mutter by Kanji the Grass(itch.io)



≪Game Play Log≫

進行途上のゲームが沢山決着した一週間になった。
これだけの数が一区切り着くのは久々な気がする。
(先週、時間を吸われたFE聖戦やファミ探の周回を自粛したのもデカい)

数が多いので、一区切り着けたゲームの感想は以下、個別に。



■帰ってきた魔界村(NS)
俺は『極魔界村(※無印)』に帰って来て欲しいなど、微塵も望んでいないんだが?(怒)
紛れもなく2021年度新作屈指の期待外れ。絵本風のグラフィック、スキルシステム、周回時のステージ刷新、音楽、効果音全般(ヒット感)など光る部分もあったが、真ラスボスとの戦闘に必須の探索要素が邪悪の極み。なぜ『極魔界村』で非難されたものを続投させたんだ。理解に苦しむ最大級の暴挙としか言い様がない。他にもアリーマー先生の無意味な強化、残機制無しの仕組みに甘えた陰湿の極みな敵出現パターン、どこが面白いのかサッパリ分からなかった「地獄部屋」など、不満を抱いた個所は山ほどあり、全てにおいて度し難い。これは断じて『帰ってきた魔界村』ではない。『帰ってきた極魔界村』だ。昨年の発表で抱いた期待を粉みじんにぶち壊されて憤りを禁じ得ない。ガッカリがすぎる。こんな魔界村、二度と帰って来るな!
万が一、また帰って来ようとするなら、探索要素が何ひとつ存在しない”いつもの”魔界村を切実に願う。

というか、本気で次回作では制作体制を見直した方がいいと思う。
特に「地獄部屋」と探索要素を考案したスタッフは絶対に外して欲しい。

そして、近々『プリニー1・2』を始めよう。魔界村のDNAを立派に継承したあの傑作を。
本家がDNA継承者の足元にすら及んでいないどころか、色々問題のあった『バトルプリンセスマデリーン』の方がまだ普通に遊べると思える程度の出来であることに関し、カプコンは深刻に考えた方がいい。



■マイティ・グース(NS)
想像以上にゆるゆるで、大味なラン&ガン。ボリュームもそんなに多くなく、あっという間にエンディングを迎えてしまった。その後、2周目的な要素もあったけど、これもそんなに時間がかからなかったのに加え、難易度も低め。
ラン&ガンの醍醐味たる銃火器をぶっ放して敵を問答無用で駆逐する爽快感、自重なき爆発演出(が、ボスの撃破演出はイマイチ)、ガチョウさんの謎の自己主張、そしてスーファミ臭全開の音楽は総じて好印象だったが、なんだか物足りない。佳作としか言い様がなかった。少なくとも『メタルスラッグ』のような内容を期待したら痛い目遭うので要注意。



■白き鋼鉄のX(イクス)(PS4)
個人的にガンヴォルト本編より、こっちのが好きかも……。『蒼き雷霆ガンヴォルト爪』にてプレイアブル化したアキュラに焦点を当て、主にアクション周りを強化・発展させた素直な正統進化系にして、動かす気持ちよさに振り切った良作。
『爪』の時のアキュラのキャラクターに強い不快感を抱いたことや、当時『ドラゴン・マークト・フォーデス』の影響でインティ・クリエイツ作品に不信感が高まっていた件から、発売日購入を見送った1本だったが、それらの懸念や不安を綺麗に吹き飛ばす痛快な出来というに相応しい内容。というかこちらのアキュラ、性格も含めてほぼ別人でビックリした。他にガンヴォルト本編でイマイチ好きになれない真エンド関連の縛り要素が取っ払われていたのも好印象。おかげで色々やり込みたくなる魅力を強く感じた。これは夏に予定している旧作漁りでスイッチのダウンロード版購入を検討したく。2周目はそちらで決め込もう。



■NO MORE HEROES(NS)
SteamのPC版配信が始まった週に一区切り着くのは何の偶然か……。
オリジナルのWii版でクリア済みのため、詳細な感想は割愛。相変わらず独特のセンスがギラリと光る良作アクションアドベンチャー。リマスター版としても最大の特色たるJoy-conに限らず、ボタン操作への対応、ロード高速化、レーティング上昇に伴う演出の過激化など、順当な進化と改善に徹した申し分ない完成度。これをプレイしたらオリジナル版には戻りにくくなると思えるほど、見事な出来だった。ただ、演出はWii版の消し炭になる表現もカッコよかっただけに、何らかの形で残して欲しかった。



■レインパレード: イタズラ雲の冒険 !(NS)
文字通りの快作にして良作。最後の最後まで悪ふざけ全開の素敵なアクションゲームだった。
特に良かったのがステージバリエーションの多彩さ。シンプルに雨を降らして全員ずぶ濡れにするものから、オイルを撒き散らして炎上させたり、雪を降らして人間を崖から突き落としたり(!)、4エピソード構成の短編ドラマ(?)を進めるなど、どこもかしこもユニークなアイディア満載、かつ差別化がしっかりしていて、飽きずに楽しめた。一部、攻撃を避けたり、敵の監視を掻い潜ると言った本格的なアクションゲームが展開される場面があったのも印象的。難易度も普通にクリアするだけなら簡単、パーフェクト狙いなら歯応えありと上手い具合にバランスが取れている。雨を降らした時のリアクション、効果音もいい感じに仰々しくて壊す快感も上々なほか、ストーリーも見事に意味不明(※褒めてる)。
これは紛れもなく期待以上だと言い切れる出来。年間ベスト5の有力候補に該当する素敵なゲームだった。



■AKIBA'S TRIP ファーストメモリー(NS)
改めてシナリオの良さと雰囲気は初代一択だなと再認識。
同時にゲームシステム周りは2だな、と。
久々にプレイして、戦闘ってこんなに単調だったっけと戸惑った。
また、PSPのオリジナル版(厳密にはPLUS)をほぼそのまま高解像度化させているので、どうしても3Dモデルや背景の前時代的な粗さが際立ってしまっている。特にスイッチの場合、テレビモードで遊んだ時が顕著で、思いきって完全一新できなかったのかと思ってしまった。システム的にもゲームキューブの『メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス』のように続編のものを用いて再構築するとか。そこまで行くとリマスターじゃなくてリメイクになってしまうが。
総じて、もっと頑張って欲しかったと思える出来だった。

あと、猛烈極まりない不意打ちを喰らった。



攻略本、2冊になっちゃいました。(※今週、本棚を掃除した際に発見)
なぜ持っていることを忘れていた、俺!(汗)

他に進めたものではミクロジックSがあったけど、進行ペースは先週と大差なし。新規に参上した『NINJA GAIDEN: マスターコレクション』、『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』は未プレイのままに終わった。

次週はプリニー開始以外にも、『ジラフとアンニカ』や『アサシンクリード』などの中断中タイトルを再開できれば。久しぶりに積みゲー攻略モードな勢いが出ているので、早く終えられそうなものは終えて、夏の旧作漁りに備えよう。
▼ Weekly Notes (2021/5/31~2021/6/6)
先週土曜に遭遇した、しょんぼり目のアザラシの正体を突き止めたこの頃。
見れば見るほど、どんな発想からこうなった、と言いたくなるキャラクターだ……。



≪Site & Blog Update Note≫

「Collect Data Box」、「ゲームソフト備忘録」を更新。
ニンテンドー3DSのスタッフリストに『砕魂 ~さいたま~』を追加しました。
他は雑記、ライター記録の更新となります。

「Blog」の今週掲載分は以下3本。

◆【ニュース備忘録】:2021/5/31~2021/6/6
◆【気になる新作・月初め特集】:6月の新作購入メモ
◆【進捗メモ】:2021/5/31~2021/6/6

諸々ありすぎた影響で、軽い浦島太郎状態。
ニュースは土日、一気に追いかけた。
ひとまず、E3のニンテンドーダイレクトは6月15日未明……と。



≪Media Information≫

◆今後のアップデートと完成が期待される、注目の制作途中フリーゲーム3選(2021年6月号)(もぐらゲームス)
◆今週の気になるVRゲームニュースまとめ(5月30日~6月5日)(Mogura VR / MoguLive)

『FOO(D) ARE YOU?』は「ふりーむ!」以外でも公開して欲しい。



≪Game Play Log≫

金曜未明から土日にかけ、集中的にプレイした格好の一週間だった。 ただし、イクスは決着せず。



それも全ては『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』に先日追加された『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』に没頭したせいです。只今3章です。申し訳ございません。携帯モードとの相性良すぎですよ、これ。怖いぐらい吸われる。



ただ、長らく止まっていた『帰ってきた魔界村』の2周目が進んだり、『レインパレード』の攻略を本格化させたり、斗魂のガチョウさん(マイティ・グース)を始めたりと、ある程度の進展はあった。
ミクロジックとアキバズトリップも緩やかに進行。少なくとも先週よりかは悪くない。目標未達だけど。



ひとまず、次週は今週よりかは落ち着く……はず。
イクスのほか、エンジンのかかった魔界村をどうにかしよう。
ガチョウさんは引き続き続行だ。
≫トップに戻る≪