Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
  1. ホーム>
  2. Weekly Notes(過去ログ)
※三週間が経過したログから順次、削除されていきます。
▼Weekly Notes (2022/7/25~2022/7/31)
興味本位で『能面女子の花子さん』なる漫画を読み始めてしまった。
購読決定と相成りましたで候。
◇Site & Blog Update Note / ◇Media Information / ◇Game Play Log

≪Site & Blog Update Note≫

雑記、ライター記録の更新のみとなります。

「Blog」の今週掲載分は以下2本。

◆【ニュース備忘録】:2022/7/25~2022/7/31
◆【進捗メモ】:2022/7/25~2022/7/31

『メタルマックス』の権利譲渡、大逆転にも程がある。
あとは新作が早めに発売されるのを祈るまでだが、どうなることやら。

それと、ニュースまとめには書かなかったけど、ひと言。
野原ひろしに兄って居たんだ……。(そんな話あったっけ……?)



≪Media Information≫

◆素直に遊べる”雰囲気系”横スクロールアクション『System Purge』真実に迫る者は”処分(パージ)”される。(もぐらゲームス)
◆【Meta Quest 2】7月第5週の新作&注目のVRゲーム・アプリ(Mogura VR / MoguLive)
◆今週の気になるVRゲームニュースまとめ(7月24日~7月30日)(Mogura VR / MoguLive)



『tEROORbane』に続く、さりげなくクリアしていたゲーム第2弾『System Purge』参上。
これを紹介したのにはちょっとした経緯があるのだが……それは(できたら)後日。





≪Game Play Log≫

月末の影響もあって触れられた本数は限定された。
しかし、『F-ZERO ファルコン伝説』がまさかの一区切り。



合間に「ストーリー」、「グランプリ」をちまちまやっていたら、大体の内容をやり尽くしてしまった。前作の『F-ZERO GBA』は割と手ごわくて時間を要したのとは対照的過ぎる……!恐らく、前作にあった周回の度に現れる後続車という不確定要素が無くなった影響が大きいのかもしれないが、それにしては不気味なほどスムーズ。何となく、ライバルが不意に大きなミスをして失速する場面が増えたのもあったのだろうか。なんか急カーブでコーナーに衝突する例とか割と見たし。
それもあって、優しい『F-ZERO』という感想に終わりました。というか、「ストーリー」に関しては明らかに低めだし。アニメ原作の新作でもあるから、若干、バランス調整面で練れなかったところがあったのだろうか……。

ひとまず、その辺の改善は次なる『F-ZERO CLIMAX』に託そう。

他の『オリガミキング』、『ファークライ6』も割と進行した。前者に関しては、紫の紙テープの元に間もなく辿り着けそうな状況。もしかすると、次週には一区切り着けられるかもしれない。



しかし、青テープ後のイベントにはビックリ。
まさかあんなことになるとは思いもしなかった。
路線変更後の世界観はこういう設定で来るのか。なんともはや。

何にせよ、次週……できれば決着を。 手を付けられなかったタイトルも色々進めていこう。
▼Weekly Notes (2022/7/18~2022/7/24)
恒例のレッドホットチキンを食したことにより、本格的に夏が始まりました。



≪Site & Blog Update Note≫

「Review Box」の「Best of the year title」を更新。
2002年分を追加しました。
他は雑記、ライター記録の更新となります。

「Blog」の今週掲載分は以下2本。

◆【ニュース備忘録】:2022/7/18~2022/7/24
◆【進捗メモ】:2022/7/18~2022/7/24



スーファミ版『きらきらきっず』がスイッチで遊べるようになった。
「NINTENDO POWER」生まれのタイトルは『スーパーパンチアウト』以来。

そろそろ、『すってはっくん』や『平成 新・鬼ヶ島』、『ファイアーエムブレム トラキア776』も遊べるようにならないかな。あと『はじまりの森』。今回、配信されていたら時期的にジャストミートの作品だったんだが……。あれ、WiiUのバーチャルコンソールでしか配信されていないタイトルだから、なんとかサービス終了前に救済されることを願う。

なお、『スーパーファミコンウォーズ』は情勢的に厳しそうだから何も考えない。
というか、当面は復刻すら難しいんだろうな……。



≪Media Information≫

◆そこには「Revenge(雪辱)」の意味もあった? 移植であり新作でもあった傑作『超魔界村R』の揺るぎない価値(リアルサウンド テック)
◆【Meta Quest 2】7月第3週の新作&注目のVRゲーム・アプリ(Mogura VR / MoguLive)
◆今週の気になるVRゲームニュースまとめ(7月10日~7月16日)(Mogura VR / MoguLive)

パッケージ裏の「Re-Mix」と「Re-Turn」にも言及すべきだったかな……と、掲載後になって少し後悔したこの頃。『超魔界村R』もWiiUのバーチャルコンソールでしか配信されていないタイトルなので、早めに押さえておくこと推奨です。



≪Game Play Log≫

GBAタイトル(WiiU:VC)が連続決着する妙な週に。
しかも、どちらもGBA本体と同時発売された任天堂タイトルという偶然の一致。
片方は今になってやっと……という感じだったが。



■F-ZERO for GAMEBOY ADVANCE(GBA)※WiiU:VC
オリジナル版発売当時に遊んだ時も思ったけど、真っ当にスーパーファミコン版『F-ZERO』の続編を貫き通した出来。「ロケットスタート」の導入という違いこそあれど、テクニカルなコース設計に手ごわい難易度など、全てがあの頃そのままに仕上げられていたのが好感触。元々、スーファミ版を手がけた方が総指揮を取っているのも大きいのだろうけど。

しかし、エキスパートからマスターで目立ったけど、追い抜いたり、追い越したりする際に決まって体当たりを決めてくるライバルカーの仕様は何とかならなかったのかと(汗)。スーファミ版でもここまでじゃなかった気がするぞ……。



■スーパーマリオアドバンス(GBA)※WiiU:VC
後の続編を思うと、なんでこれだけオリジナル要素多めの作りになったのだろうかという疑問が。おかげでほとんど新作同然に楽しめたけど、謎に思ったことがひとつ。どうして、ワールド6のボスをネズミ(ドン・チュルゲ)に置き換えたんだろう……。そもそも、ワールド3のボスを新ボスにしたのなら、ワールド6も新ボスにして欲しかったぞ。
「コンピュータチョッキー」とか。(※By:スーパーマリオくん)

他に進めたもので『ペーパーマリオ オリガミキング』。現在、青テープ終盤。



ここまで来る間にボス戦を何度か体験したけど、ルールが独特で面白い!『マリオストーリー』の戦闘システムを初体験した時に近い感動を覚えた。アイディアの宝庫とも言える、ボス固有の攻撃パターンが楽しい。ますます他のボスを見たくなってきて、進行速度も急上昇。時間的な余裕があれば、次週辺り一気に……できるだろうか。月末だし……。

ひとまず、次週は可能な限り手を出せればという方針で。
≫トップに戻る≪