Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
  1. ホーム>
  2. Writer Activities - ライター活動の記録>
  3. SQOOL.NETゲーム研究室:執筆記事一覧
▼SQOOL.NETゲーム研究室:執筆記事一覧 ≪Last Update:12/19/2021≫
・イベント、講演取材、コラム記事、ゲームレビューを執筆。
≪最新の掲載記事≫

◆ゲームシステムの整理によって、純粋にアクションゲームして楽しめる魅力が底上げされた「白き鋼鉄のX(イクス)」

≪過去の記事:イベント・講演取材≫

◆Alibaba Cloud Gaming Event第四弾「中国市場と日本市場スマホゲームの違いと現状」レポート
◆【Unite 2019レポート】芸者東京が語る、グローバルでヒットするハイパーカジュアルゲームの作り方
◆【Unite 2019レポート】Nintendo Switchのインディーゲーム7タイトルに見る工夫
◆【Unite 2019レポート】「Made with Unity Room」で見つけた8つのゲーム
◆Tencentゲーミングセミナー第1回「5Gとクラウドによる新しいゲーム体験!テンセントクラウドがもたらすクラウドゲーミングの成功事例」レポート(前編)
◆Tencentゲーミングセミナー第1回「5Gとクラウドによる新しいゲーム体験!テンセントクラウドがもたらすクラウドゲーミングの成功事例」レポート(後編)
◆「中国ゲーム関連企業向け、日本ゲーム市場と商習慣説明ウェビナー 日本企業へのアプローチのコツ」レポート
◆【レポート】「デジゲー博2021」に出展されたインディーゲームの注目作をピックアップして紹介



≪過去の記事:コラム≫

◆「ドラキュラ」「魂斗羅」に続け!そろそろ復活して欲しい名作「ゴエモン」シリーズ
◆長き年月を経て蘇る、恐怖の名作ADV「ファミコン探偵倶楽部」への期待
◆SFC時代の名作「ソウルブレイダー」は善悪の深みを描いた名作
◆「マリオ&ルイージRPG」シリーズの開発会社「アルファドリーム」が破産、シリーズの今後はどうなる?
◆名作アクションゲーム「ロックマンDASH」シリーズは復活できるのか
◆世代交代前は名作ラッシュ!?次世代機を控えたハードのこれからに期待!
◆コロナはゲーム販売店にとどめを刺すのか?実店舗の価値とこれから
◆ゲームボーイアドバンス時代のゲームに再興の兆し、その理由と今後への期待
◆ゲームの操作方法、成功と失敗の歴史、「変わった操作」のこれからはどうなる?
◆スーパーマリオ35周年の「マリオヒストリー」に入らなかったゲームボーイ版「ドンキーコング」こそ今のマリオの原点!
◆「東京ゲームショウ2020 Online」に出展されたインディーゲームの扱いと体験版配布についての課題
◆ダウンロード版躍進の裏で際立ち始めた、パッケージ版の空虚さ?
◆ゲーム関連造語や呼称に抱く懸念とモヤモヤ感
◆コロナ禍の2020年で露呈したゲームの真価とその向き合い方
◆ゲームに「残機」はもはや不要?なくなりつつある「残機制」とゲームの変遷
◆未完を隠して続編が作られないゲームへのもどかしさと、そのやり方が淘汰される未来への思い
◆周回プレイはありかナシか、あるべき周回について思うこと
◆ファミコンウォーズの新作は日本で出るのか?Ninetendo Direct E3から見る日本と海外での評価の差
◆海外で量産されるスーパーファミコンっぽいインディゲームに感じる違和感



≪過去の記事:ゲームレビュー≫

◆懐かしさと新しさが絶妙に融合したアクションタワーディフェンス「すすめ!! まもって騎士 姫の突撃セレナーデ」
◆ゲームシステムの整理によって、純粋にアクションゲームして楽しめる魅力が底上げされた「白き鋼鉄のX(イクス)」
≫トップに戻る≪