Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
  1. ホーム>
  2. Review Box>
  3. Game Boy Advance>
  4. ぶらぶらドンキー
≫ぶらぶらドンキー
■発売元 任天堂
■開発元 パオン
■ジャンル ぶらぶらアクション
■CERO A(全年齢対象)
■定価 3800円(税込)
■公式サイト ≫こちら
▼Information
■プレイ人数 1〜4人
■セーブデータ数 3つ(※フラッシュメモリバックアップ)
■その他 ゲームボーイアドバンス専用通信ケーブル対応(ワンカートリッジ&マルチカートリッジプレイ対応)
■総説明書ページ数 36ページ
■推定クリア時間 3〜5時間(エンディング目的)、25〜35時間(エンディング目的)
ジャングルの真のヒーローを決める祭『ジャングルピック』の開催に活気立つDKアイランド。

そしてその祭の会場では、クランキーコングとドンキーコングが勝利者に贈られる『ウィナーメダル』を盗まれないよう、倉庫に隠そうと密かに相談をしていた。
だがその時、空から小型飛行艇に搭乗したキングクルールが出現!
彼らが倉庫に隠そうとしたメダルを強奪し、そのまま空の彼方へと飛び去ってしまった。

メダルが無い事には、ジャングルピックを開催する事などはできない。
ドンキーはクルールからメダルを取り戻す為、彼が逃げて行った方角へと向かった。
▼Points Check
--- Good Point ---
◆宙に浮かぶトッテを掴みながら頂上を目指して登っていく、斬新且つユニークなアクション
◆自分がトッテを掴んでいる手応えを煽る、気持ちの良い操作感(掴んだ時の音も良い)
◆特殊な操作系の都合で遊び手を選ばぬよう、執拗なまでに作り込まれたチュートリアル
◆『スーパードンキーコング』シリーズの流れを組む、シンプルで分かり易い進行システム
◆トッテアクションの可能性を限りなく追求した、芸術的且つユニークなステージ構成
◆同じくトッテアクション可能性を限りなく追求した、斬新なアイディアが光るボス戦
◆オートセーブ機能やバナナによる体力回復システムなど、充実したサポートシステム
◆序盤は緩めで後半から厳しくという起承転結がはっきりとした、絶妙なゲームバランス
◆対戦モードからチャレンジモード等、盛り沢山のゲームモード(色々な遊びが楽しめる)
◆ボーナスステージコンプリートからアイテム集めまで、充実したやり込み要素(高難易度モードも収録)
◆温かみのある色使いが秀逸な、ドット絵の芸術とも言わんばかりの美麗なグラフィック
◆明るい世界観にマッチした、アクションゲームらしいノリの良い音楽
◆往年のファミコンファン驚愕、且つあまりにも場違いな対戦モードの隠しキャラクター

--- Bad Point ---
◆ダサ過ぎるタイトル(これだけでもかなり損している)
◆操作は簡単とは言え、色々と慣れも要求されるトッテアクション
◆特定のキャラを使えば簡単に勝ててしまうなど、バランス的な詰めの甘さが光る『ひとりでジャングルピック』(チャレンジモード的な面を強化した方が良かったんでは…)
◆演出面にこだわり過ぎて、異様なテンポの悪さを生んでしまっているアドベンチャーのコース『デンジャラスハリケーン』
◆やや高過ぎる感のある、アドベンチャー終盤のコース難易度(特にボス前のコースは…)
◆地味過ぎる演出(ボスが倒される時とか、もう少しこだわって欲しかった)
◆同じく、地味過ぎるラスボス戦(もっと盛り上がるものにして欲しかった)
◆難易度的にあまりにシビアなボーナスステージ
◆目標タイムの設定が厳し過ぎる『タイムアタックモード』(モード的にも蛇足な印象が…)
▼Review ≪Last Update : 4/19/2008≫
名前損とはこの事。

誰だ、こんなセンスの欠片も無いタイトルを考えたの…。


ゲームキューブの『ドンキーコング ジャングルビート』に続く形でリリースされた、面白操作を基本コンセプトとしたドンキーコングシリーズ最新作にして、新感覚のアクションゲーム。
開発は元データイーストのスタッフが集うソフトハウス『パオン』が担当。

ふざけたタイトルを思わせない、テクニカルなゲーム性と操作感が秀逸な傑作である。

ゲーム内容は、横スクロールで展開するステージクリア型アクションゲーム。ドンキーコングを操作して各ワールドごとに用意されたコースを攻略し、メダルを盗んだキングクルールを追いかけていくという、かの『スーパードンキーコング』シリーズを髣髴とさせるシンプルなものとなっている。しかしながら、今作は横ではなく、縦スクロールタイプの2Dアクションゲームであり、先の『スーパードンキーコング』シリーズとゲーム性や操作感は大幅に異なる。
基本的に今作は、各コース内に浮遊する『トッテ』なる突起物をLかRボタンのいずれかで掴んで回転し、その状態からジャンプしたり、或いは攻撃をして邪魔な敵を倒したりしながら、ゴールを目指して進めていく事になる。つまり歩くのではなく、登りながら今作では各コースを攻略していくのだ。ゲームに詳しい方向けに例えるならば、かのアーケードの名作『クレイジークライマー』のような感じと言えば、何となくイメージが付くだろうと思う。
だが、登っていくと言っても実は結構、コツが要る。先に話した通り、トッテを掴む時はLかRボタンを押すのが基本なのだが、Lボタンで掴んだ場合は左回りに回転し、Rボタンで掴んだ場合は右回りに回転する…と言った感じに、掴んだ時に使用したボタンによって、ドンキー自身の回転方向が変化するようになっている。しかも、これはドンキー自身が上を向いている場合の操作である。ではもし、ドンキーが下を向いてジャンプをしたらどうなるか?
大体お分かりかと思うが、左右が逆転してしまい、Lが右となり、Rが左となってしまうのだ。だからこの特徴を覚えておかないと、谷底へ向けてまっさかさま、「嫌な感じぃ〜」に。
しかも、これだけではない。今作では一部のコースで地上を移動する事もあるのだが、これもLRボタンで行わなければならないし(一応、十字キーでの操作も可能)、肝心のトッテからのジャンプも、ちゃんと飛ぶべき方向を考えて行わないと、想定外の所へ飛んでしまい、酷い場合はそのエリアのスタート位置まで落っこちてしまう。またコースによっては、正しい方向にトッテを掴まないと、その先へと進めない場所がある事もしばしば。
もう見ての通りだが、実際はシンプルな基本ルールと操作の割に似合わず、随分と高度な操作が要求されてくる、あまりにもテクニカルなアクションゲームになっているのである。さながら、その手応えは名作『ヒットラーの復活』(バイオニックコマンドー)のワイヤーアクション、『海原川背』のラバーリングアクションを髣髴とさせるものがある。まさに、シンプルさの中に恐怖あり。「操作は簡単だし、ゲーム本編も楽勝だろう」なんて軽い気持ちで挑めば、確実に痛い目に遭う、見た目とのギャップの激しい作りとなっているのだ。
それ故、自分には難しそうと自信を失ってしまう方がいるだろうと思うが、そこは任天堂。遊び手の幅を狭めない為の丁寧なチュートリアル、操作の練習を兼ねたコースの設置など、ユーザーに気持ち良く本編を楽しんで頂く為の工夫がバッチリ凝らされている。確かにアクション自体の癖は強く、ある程度の慣れは要求されるが、遊び易さへの徹底はしっかりと成されているので、触っていて不快に感じる事はない。誰もが特殊なアクションの醍醐味を味わえる、そんな幅広さが活きているのだ。なので、この手のゲームにしては珍しいほど敷居が低い。ギャップは激しいけど遊び易い、何ともアンバランスなアクションゲームなのである。これだけでも、今作がダサい題名に反したゲームかは想像に難くないだろう。

用意されているゲームモードも『アドベンチャー』、『ひとりでジャングルピック』、『みんなでジャングルピック』、そして『おまけ』と実に多彩。特に『アドベンチャー』はトッテアクションの可能性を限りなく追求したコース構成とドンキーシリーズ伝統のやり込み要素が実に秀逸。ひたすら登っていく基本ルールから、用意されているコースの大半はそれを全面に押し出した作りになっているんだろうなと、大抵の方は想像するだろうと思うが、これがまた良い意味で期待を裏切られるラインナップとなっている。具体的にどんな裏切りが用意されているのかは、これからプレイしてみようと考えてる方の楽しみを奪わない為に伏せるが、実際にそれらの素晴らしいネタの数々を目前にした時、きっとこう言ってしまうはずだ。

「そうか、そういう事もできるか!」

……と。この奇想天外且つ斬新なネタが満載のコース群を楽しんでみるだけでも、今作をプレイしてみる価値は十分にあると言えるだろう。それほどまでに、構成が凄い。大袈裟だけど、このネタを考えたスタッフは天才だ!…と言っても、決しておかしくないだろう。2Dアクションゲームの秘められし可能性がここにある。
勿論、魅力はコース構成の素晴らしさのみではない。プレイヤーの腕の上達振りに応じて緩やかに上昇していく、絶妙な難易度もまた、このモードならではの魅力だ。難易度自体は特殊なアクションと操作を考慮して、比較的低めに抑えられているのだが、序盤はトッテの範囲が広く、中盤辺りから徐々に狭くなり、終盤になると更に狭くなるどころか、陰湿なトラップが増えたり、敵の攻撃が急激に激しくなるという風に、非常に理に適った上がり方をしていくのが実に気持ち良い。また、今作ではライフによるダメージ制を採用しており、そう簡単にはやられないようになっているのも、特殊なアクションと操作性に対する気配りが感じられる。更にバナナを一定数集め、Bボタンを押す事で常時体力回復が行えるというシステムもアクション初心者への救済処置として上手く機能していてナイスだ。
そして、ドンキーコングシリーズ伝統のやり込み要素も特殊アイテム集めやボーナスステージの探索など相変わらず、やり甲斐のあるものものが沢山用意されている。これに加えて今作では、コアユーザーの為の高難易度モードまでも搭載されており、一度コンプリートしたとしてもまだまだ楽しめる作りになっているのも見逃せない所だ。
強いて言うならば、終盤のコースの中に一部、飛び抜けた難しさを誇るものがあったり、演出面にこだわって要らぬストレスを生んでしまっているコースがあるのがタマにキズだが、トッテアクションの可能性を限りなく追求したコースや絶妙な難易度など、多くの見所が満載の内容となっており、全体的な満足度は相当なもの。これで3800円(税込)は贅沢過ぎるんじゃないのかと思ってしまうほど、素晴らしく作り込まれたものとなっているのだ。この開発スタッフのトッテアクションの可能性を引き出そうとする意気込み、そしてアクションゲームそのものに対するこだわりの数々にはひたすら脱帽するばかりだ。何処まで新しいアクションを作り込もうとしたら気が済むのか。つくづく、ドンキーは侮れない。

既に話している通りだが、操作性も特殊ながらも、シンプルで非常に触り心地が良い。トッテを掴んだ時に鳴る「キュッ」という可愛い(?)音も、如何にも自分がこれを掴んでいるだという気持ちに浸らせてくれる。
グラフィック、音楽の完成度もなかなか。グラフィックは丁寧且つ色鮮やかなドット絵が素晴らしく、非常に温かみのあるものに仕上がっている。何気に二代目ドンキーコング初のドット絵という辺りも要注目だ。
そして、これまでに数多くの名曲を生み出してきた音楽は、これまでとはテイストの異なる、明るい曲が大半を占めているのだが、いずれも名曲揃い。特に海コース、幽霊船コースで流れる曲は必聴の価値アリだ。また、音楽のみならず今作は先のトッテを掴んだ音を始め、効果音も素晴らしい出来栄えで、プレイ時の臨場感と操作の楽しさを大いに高めてくれる。何気に、シリーズとしては久々となる『とある悲鳴』が収録されているのも聴き逃せないところである。

ただ、グラフィックや音楽はそこそこよく出来てはいるものの、演出は地味。ボスを倒した時もそんなド派手なやられ様を見せる訳でもないし、コースをクリアした際にクリア専用の音楽が流れたりもしないので、どうにも盛り上がりに欠ける。アクションの面白さを追求した為、ここを犠牲にしたのかどうかは分からないが、もうちょっとプレイ時の気分を高める為の工夫を凝らして欲しかった所だ。流石にこれは勿体無い。
また、アドベンチャー以外のゲームモードである『ひとりでジャングルピック』が雑な作りとなっている事、おまけとして用意されている『タイムアタックモード』の目標タイムがやたら厳しく設定されている辺りもどうにかして頂きたかったところだ。
ともあれ、色々と細かな粗はあるが、全体的なアクションゲームとしての完成度は極めて高く、新鮮な味わいに満ち溢れている本作。アクションゲーム好きや変わり物好きは勿論の事、ゲーム初心者から上級者まで幅広く楽しめる、傑作アクションゲームだ。あまりにもダサいタイトルと癖のある操作(ゲームシステム)にやや敬遠してしまうかもしれないが、中身の面白さは保証する。この新しい操作感、是非ともお試しあれ。
≫トップに戻る≪